結婚にかかるお金を貯める│ご祝儀の相場

ご祝儀に関するお金に関して

結婚に関するお金といえば、友人や家族として出席する人のご祝儀。
一体どの程度包めばいいのかというのは、悩ましい問題です。

そこで、どのあたりが相場なのか、ちょっと調べてみました。
All About に、次のような記述がありました。

一般的には友人で2〜3万円、上司が部下に渡すなら5万円、親族なら関係の深さにより異なりますが5万〜10万円、夫婦で呼ばれた場合は二人で5万円
http://allabout.co.jp/relationship/kekkonlife/
closeup/CU20070907Q/index2.htm

まあ、大体こんな感じでしょう。


ところで

ところでこの記事、突っ込みどころが多いですね。
記事を読むと、結婚する人の懐に気を使って多めに出しましょうというガイドの意見が伝わってきます。
あと、金額が少なすぎるのは恥という考えも。

確かに、結婚する二人はお金が無いから、気を使ってあげたいのはわかります。
でも、新郎新婦がどのような式を挙げるかは、彼らの都合です。
彼らが豪華な式を挙げたからといって、参列者がそれに気を使いすぎないといけないというのは変な話です。
どんな式を挙げるかは、完全に彼らの意思ですからね。

正直言って、そこまで卑屈にならなければいけないのという気がしました。
費用のかかる式を挙げたいなら、本人がお金を出せばいいだけの話です。

もちろん、例外はあるでしょう。
たとえば、新郎新婦との付き合いが深く、より多くのお金を出してあげたいなら多く出せば良いでしょう。
でも、新郎新婦の懐具合にそれほど気を使わなくても良いのではと思えます。

ちょっとバランスが悪い記事ですね。

スポンサードリンク

結婚に必要なお金