おまとめローンなどを利用した借換で、少しでも金利が下がればかなりお得

おまとめローンを利用して金利を下げましょう

返済額を小さくするために、銀行などのおまとめローンなど利用しようするのは賢い選択です。
借り入れ金額にもよりますが、金利が数パーセント下がるだけで、返済額が数万円から数十万円違ってきます。

試しに、具体的に計算してみましょう。

例えば、金利が2%下がっただけでも…

次のような条件で計算してみましょう。

あなたの借金が100万円あるとします。
現在、金利12%で借りているとしましょう。

おまとめローンを利用して借り替えたときに、金利が2%下がったとします。
つまり、12%の金利で借りていたものが10%の金利に下がったとしましょう。

さらに、返済期間は5年とします。

12%の金利で借りていた場合の返済総額は1,334,640円です。
一方10%に借り替えた場合は、1,274,820円です。

つまり、2%金利が低いローンに借り替えただけで、6万円も得するのです。
ちなみに、数字の算出にはみずほ銀行の住宅ローン返済シミュレーションのページを利用しました。

計算結果として出てくる諸費用に関しては、住宅ローンの場合とは異なるので、今回は参考にしないでください。

試してみる価値はあるのではないでしょうか

実際は、借り換えには諸費用がかかるので、安くなる額は6万円より小さくなります。
また、実際にどのくらい低い金利で借り替えられるかは問い合わせてみたいとわかりません。

それでも、返済額が数万円単位あるいはそれ以上下がる可能性があるなら試してみる価値があると思いませんか?

条件がよければ、5%とか10%とか金利が下がるかもしれません。
そうなると、借り換えのメリットはかなりでてくるのだと思います。

補足:借り換えで返済期間を延ばすことで、月々の支払いを下げることも

現在の消費者金融への返済があと2年残っていたとします。
銀行などで借り換えをして、返済期間を5年に延ばすことができたとしましょう。
こうすると、月々の返済を大幅に減らすことができますよね。

ローンの借り換えには、このようなメリットもあります。

スポンサードリンク