結婚にかかるお金を貯める│当座のお金が足りない場合のローン利用

ご祝儀をもらうまでの対処

結婚式の費用の平均」で見たとおり、ご祝儀を計算に入れれば結婚式の費用はあるていどもとが取れます。
しかし、問題が全く無いわけでは割りません。

一般的には結婚式の式場への支払いは前払いです。
しかし、ご祝儀を受け取るのは結婚式のときですよね。
つまり、式場にお金を払うときには、ご祝儀は受け取っていません。
式場に払うお金は自分たちで用意しないといけないのです。

親に立て替えてもらうのが一般的

自分たちが立て替えられればいいのですが、そんな余裕がある人ばかりではないでしょう。
そんなときは、親に立て替えてもらうというのが一般的なようです。

ただ、親にもそんなに余裕があるとは限りません。
結婚式の費用だけでも300万円くらいはかかります。
その上、新居の移転費用とか、新婚旅行とかいろいろです。
これだけの費用をまとめて立て替えてくれる親ばかりではないでしょう。

いざというときは銀行などのローンで

自分たちの手持ちが十分に無く、親に頼るのも難しい。
そんな状況の人は、銀行などのローンの利用を考えましょう。

そんなときには、銀行などのブライダル・ローンやフリーローンを活用するのがいいのでしょう。

手持ちのお金が足りなくて、結婚式が挙げられないという人も、ローンは検討してもいいかもしれませんね。
金利は5%ぐらいからでしょうか。

スポンサードリンク

結婚に必要なお金