結婚にかかるお金を貯める│結婚を決めるまでに100万円貯めよう

結婚費用として最低一人100万円は貯めましょう

ここまで見てきた内容をまとめてみましょう。

まず、平均的な結婚式の費用に300万円程度はかかりますが、200万円くらいはご祝儀で何とかなりそうです。
そう考えると、結婚式の自分たちの負担は約100万円です。

さらに、次のような出費があります。

  • 新婚旅行は二人で51万円
  • 新居に入れる電化製品など
  • 新居を借りるときの敷金・礼金・仲介手数料・引越し費用

電化製品などは独身時代に使っていたものを流用することも可能でしょう。
どれだけ新しい家電を買うかで価格はだいぶ違います。

敷金や礼金は地域差があるので、なんともいいにくいですね。
ご両親と同居という場合もあるでしょうし。
首都圏だったら、50万円から100万円の間くらいが一般的でしょうか。

ということで、諸々を考えると、結婚するのに200万円くらいは最低自分たちで負担しないといけないと考えたほうが良さそうです。
もちろん、ちょっと贅沢をすれば簡単に値段は跳ね上がります。

二人で200万円ということは、一人当たり100万円は必要になります。
今後結婚する気がある人は、それまでに最低100万円貯めることを目標に貯蓄をすることをおすすめします。

100万円というと大きい金額のような気もしますが、一ヶ月8万円貯めていけば約一年で貯まる金額です。
その人の経済状況にもよりますが、その気になればそれほど難しい額ではないでしょう。

一人100万円は平均的な結婚式・平均的な新婚旅行・控えめな新生活を考えたときの価格です。
結婚したのだから家電は買い換えたいとか、広いマンションに住みたいなどの希望があれば一人200万円くらいは準備しないといけないでしょうね。

具体的なプランが無いうちは、とりあえず100万円と考えて貯めてみてはいかがでしょうか。
プラス数十万円くらいだったら、結婚が決まってからでも貯まるでしょうし。

スポンサードリンク

結婚に必要なお金