‘株式’ タグのついている投稿

金融庁が2017年度税制改正要望で、相続税に関する上場株式の評価額の見直しを求めたようです。1 まだ求めただけなので、今後どうなるかは分かりませんけど。

現在は株式を相続した場合は、時価の100%で評価されます。つまり、全部を売って現金として受け取った場合と同じと判断されるわけですね。

(さらに…)

  1. 株の相続、時価90%で評価 金融庁要望、投資流入を促進
    SankeiBiz 2016年8月30日 []

何となくお金を貯めたいと思っている人は大勢います。
ても、何となく貯めたいと思っていても、お金は貯まりません。

これは、多くの人が経験から分かっている事でしょう。
思っているだけでは、実行するのは難しいものです。

そこで、確実にお金を貯めるには、賢く貯蓄する必要があります。
問題は、具体的にどうするかです。

(さらに…)

ドル・コスト平均法は優れた投資戦略か?」で書いたように、定額で何回かに分けて買うドル・コスト平均法は、一定単位ずつ買い増していく方法と比べても、別段有利というわけではありません。
その一方で、これだけでは、明確に問題があるわけでもありません。

つまり、分割して買うと言う条件の元では、どちらでも好きな方を取れば良いわけです。どちらかが有利というわけでも、不利というわけでもないのですから。

(さらに…)

このポストは「ドル・コスト平均法は優れた投資戦略か?」の続きです。

前回の投稿で、一定の金額ずつ買った方が、一定の単位ずつ買った場合に比べて、取得単価が下がる事を確認しました。この取得価格の低減が、ドル・コスト平均法が優れているとされる根拠です。

このページでは、取得価格が低いにも関わらず、ドル・コスト平均法が不利になるケースを考えてみましょう。つまり、必ずしもドル・コスト平均法が有利ではないことを示すわけです。

(さらに…)

山崎元の「新しい株式投資論」という本を読んでいたら、ドル・コスト平均法は「有利でも不利でもない」と書かれていました。

ちなみに、ドル・コスト平均法というのは、簡単に言うと定額の積立の事です。結論だけ書いてしまうと、次のような感じですね。

毎月一定額投資すると、安いときにたくさん買い高い時に少なく買う事になる。結果として平均取得額が低くなるので、有利な投資が出来る。

ですから、ドル・コスト平均法という投資方法は、リスク低減のための優れた方法だと紹介されることが多いです。だから、この記述は、にわかには信じがたいものなのです。

正直に言うと、私自身も盲目的にドル・コスト平均法のメリットを信じていました。

(さらに…)

さて、株式を積立てるデメリットには、どんなものがあるのでしょうか。とりあえず、投資信託を積立てるデメリットとの共通点が多そうな気はします。

具体的にどんなメリットがあるのか、考えてみましょう。

(さらに…)

株式を積立てるメリットは、投資信託を積立てるメリット、デメリットと共通点が多いです。

同じリスク商品ですから、共通点も多いのでしょう。

株式はインフレに強い商品ですし、少額から投資できるのも大きなメリットです。

また、証券会社が倒産しても、保有する株式に影響は無いというのも大事なポイントでしょう。

(さらに…)

ここまで生命保険と投資信託を使った積立について見てきました。

次は株式の積立について見ていきましょう。

「株式の積立なんてできるの?」という疑問を持つ人もいるかもしれません。

しかし、株式の積立に関しては「株式るいとう」という商品があり、これには比較的長い歴史があります。

(さらに…)

将来に備えてお金を貯めようと考えている人の多くは、積立を利用することでしょう。毎月2万円とか3万円を自動的に貯めていくのです。

お金を貯めるのに積立というのは、とても良い方法です。なぜなら、毎月一定額を自動的にためていく形になるので、意志が弱い人でもお金を貯めることが出来るからです。毎月2万円とか3万円程度でも、何年かたって気づいたら、100万円以上たまっていたなんていうことになるわけですね。

(さらに…)

【問題】

下記のような公募型の投資信託を想定します。

商品分類
追加型投信/海外/債券
※社団法人投資信託協会の商品分類によります。
課税上の取扱い 株式投資信託
運用の基本方針
海外の公社債に分散投資をしてリスク分散を図ったうえで、ベンチマークとするインデックスを上回る収益の確保を目指します。
当初設定日 平成21年10月29日
信託期間 15年間

このファンドは、株式に投資することが出来る。
○か×か?

(さらに…)