‘東日本大震災’ タグのついている投稿

損保ジャパンと日本興亜が合併をする事で大筋合意したようですね。
2014年の4月が目処だとか。

この合併が実現すれば、国内最大の損保会社になるそうです。

2014年4月というと、あと2年ちょっとですね。
データの統合やシステムの切り替え、統合後の体制作りなどの手間を考えると、意外と短い気がします。

もっとも、損保ジャパンと日本興亜は、NKSJホールディングスという持株会社の参加にいる会社です。
持株会社の子会社2社がくっつくだけとも言えます。

その意味では、意外に対応はしやすいのかもしれません。

(さらに…)

首都圏のマンションが売れていないようです。
新規マンション発売戸数は前年同月比3.6%増だったものの、予想よりはずっと少なかったのだとか。

震災の影響で、3月の後半と4月は営業活動を自粛していたようです。
ですから、営業活動を再開した5月は、3月4月の分まで売れるという見込みだったのでしょうね。

不動産経済研究所が予測した5,500戸にたいして、実際には3,914戸しか売れなかったみたいです。
つまり、予想の7割しか売れなかったことになります。

不動産経済研究所というところは、研究機関として大丈夫なのでしょうかねえ。
ちょっと心配になるような外れ方ですね。

(さらに…)

東芝が風力電力事業に参入するのだそうです。
韓国のメーカーに一部出資し、業務提携をするのだとか。

現在のようなご時世ですから、原子力発電所の建設は見込めないと考えたのでしょうか?
ビジネスの幅を広げようとしているのは、間違いが無いですよね。

電力に関しては、政府の意向次第というところが大きいようです。
しかも、現政権は物事が突然決まるような印象を受けます。

ですから、どんな状況でも対応できるように、準備を始めたということなのでしょうか?

(さらに…)

ダイヤモンドonline が東電の処理案について解説しています。
「極秘資料を入手」とありますが、確かにここまで詳細な処理案を見たのは初めてかもしれません。

今まで小出しにされた情報がまとまっているという感じでしょうか。
でも、まあ、結局のところ、国民が責任を取らされるというスキームは、想像通りですね。

■ 独自入手の極秘資料が暴く 国民欺く東電賠償スキーム
http://diamond.jp/articles/-/12350

(上の記事は、もしかしたら、ログインしないと読めないのかもしれません。
その場合は無料会員登録して読んでください。)

ちょっと気になるのが、社債の放棄を求めないというのが、枝野長官の発言と食い違いますね。
経済産業省と意思統一が出来ていないのでしょうか?

(さらに…)

枝野官房長官が、東京電力の問題で金融各社に債権放棄を求めました。
ちょっと今更ですが、この発言について取り上げてみましょう。

なぜこの発言が気になるかというと、彼のいっている債権放棄はルール無視のめちゃくちゃな要請だからです。
一般的な手順からすると、これはかなりおかしいことです。

なぜかといと、通常会社が倒産して債務整理をするときは、先ず真っ先に株主責任を問うはずだからです。
株主責任を取ってもらったあとに、債権者の責任追及というのが通常の手順です。

ですから、今回の枝野発言は、完全にルール無視のめちゃくちゃな要請だと思っています。
株主責任をすっ飛ばして、金融機関に債権放棄を求めるとなれば、それなりに説明が必要でしょう。

(さらに…)

ちょっと前に書いたものですが、大事なことなので。

震災がらみで復興の財源の話です。

民主党政権は復興財源として消費税増税を考えているようです。
期間限定で3%引き上げるという案が真剣に検討されているようですね。

■ 消費税3%上げ案が浮上=期間限定、復興債償還に-政府
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2011041900006

毎日新聞などの調査を見ても、復興増税もやむをえないと考える人が多いようです。
もっともそういう人も、消費税3%アップに同意するかどうかは分かりませんけど。

(さらに…)

先日、日産自動車の決算が発表されました。
営業利益はトヨタ自動車を上回る5,374億円ということです。

中間決算と比べても、大きな原則は無いようです。
エコカー補助金終了の影響は限定的だったといって良さそうですね。

(さらに…)

東京電力のリストラ案で、役員報酬の5割減というのが出ています。
そして、これに対して、生ぬるいという意見が強いようです。

例えば、海江田経産大臣などは、「まだカットの仕方が足りない。高額報酬を手にしている方がさらなるカットを行ってしかるべきだ」などと発言しています。

■ 役員報酬半減では不十分=東電リストラ案に海江田経産相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110428-00000036-jij-pol

でも、ちょっと疑問が。

(さらに…)

東日本大震災に関しては、政府は色々な便宜を図ろうとしています。
今回は、「住宅ローンの免除」にかんして、検討を始めるのだそうです。

■ 被災者の住宅ローン免除も=金融機関が判断―自見金融相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110429-00000073-jij-pol

もちろん、被災者支援は考えないといけないことです。
でも、手当たり次第に何をしても良いというわけでもないでしょう。

はっきり言って、住宅ローンの免除というのは、公平性を欠くような気がしてなりません。
家を買うときにローンをするというのは、あくまで住宅の購入者の自己責任で行われるべきものだと思うのです。

(さらに…)

政府は原発の賠償で税金投入の可能性を東電支援策に「明記」するかどうか検討しているそうです。
4月23日の時事通信の記事で伝えています。

■ 原発賠償、税金で負担も=「異常時」限定で東電支援-政府
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011042300202

…これは冗談でしょ。

「明記」しようがどうしようが、税金投入は避けられないでしょう。
予想される損害賠償の額を考えたら、東電一社で賄えないのはほぼ確実な水準です。

正直に言って、何を今更という感じがします。

(さらに…)

東京電力が4,000億円規模のリストラを行うようです。

何かとお金がいりようですからね。
リストラという話には、当然なってくるでしょう。

■ 東電、従業員数千人削減へ…給与カットも
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110420-00000018-yom-bus_all

でも4,000億円というのは、額が少な過ぎるような気がします。
本気でこの額なのでしょうか?

あと、今のタイミングのリストラには、ちょっと疑問もあります。

(さらに…)

今回の震災で個人的に興味があるのは、テレビ局の売上への影響だ。

震災が起こってから最初の何日間かは、全くCM無しの放送だった。
ということは、この期間は広告収入は発生していないはずだ。

その後しばらくの期間、CMは流れるが、ほとんどがACのCMだった。
ACのCMを流したのは、広告主の意向だろう。

こんな時期に明るいCMは流せないと判断したに違いない。
しかしながら、ACのCMを流すと、テレビ局としては売上につながるのだろうか?

(さらに…)

第一生命保険社長の渡辺光一郎氏が東電の株価下落について財務上「大きな影響ない」と語ったようです。
これは生命保険協会会長としての立場で語ったようですね。

■ 財務に「大きな影響ない」=東電株下落で―第一生命社長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110415-00000025-jijc-biz

生命保険業界は東電の株価下落の影響が大きい業界の一つのはずです。
なぜなら、保険料として預かっているお金の一部は株式で運用しているからです。

(さらに…)

政府は原発事故の損害賠償に関する処理案が出てきているようです。
それによると、「東電は毎年2000億円を十数年にわかって払え」というのが骨格らしいです。

要するに、分割払いって事ですね。

■ 福島第1原発 東電、年2000億円負担で調整 賠償問題
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110415-00000036-maip-soci

個人的には、まあまあ納得を得られる案なのかなとは思っています。
全額国費負担がベストだとは思っていますけど。

(さらに…)

何回か書いている東電の倒産問題の続きです。

東京電力の株価が、大分戻ってきたようです。
2011年4月11日の終値で500円まで回復しています。

瞬間的にですが、一時は300円を割り込んでいました。
そこから考えると、大分回復したと言って良いでしょう。

もちろん、震災前の2,000円台から比べると、まだ四分の一以下ですが。

(さらに…)

政府が計画停電の打ち切りを発表しました。
夏場は計画停電をしないことにしたようです。

これは、純粋に良いことでしょう。

震災後の政府方針で、一番良いものかもしれません。
日本経済への影響を考えたら、計画停電だけは何としても避けるべきです。

(さらに…)

電力需要を減らすために、料金を上げることが検討されています。
これに関して、蓮舫大臣が次のようにおっしゃったそうです。

「節電や(電車の運行本数減により)通勤・通学で、国民に我慢をしてもらっているので、現段階で電力料金を上げるような話はあってならない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110405-00000033-jij-pol

余談ですがこの記事に下のコメント欄では、相変わらず脊椎反射的なコメントが並んでいますね。
こういうのを見ると、どっと疲れます。

(さらに…)

東日本大震災による原発事故で、東電の倒産あるいは国有化はあるのかというテーマで、3回くらい書いてきた。
今回、政治および経済に詳しい専門家の意見を見つけたので、紹介しようと思う。

記事を書いたのは高橋洋一という人で、小泉内閣の時に財政面のブレーンをつとめた人だ。
以前のエントリーで紹介した、外国通信社の記事よりも、こちらの方がよほど信憑性があるだろう。

ちなみに、彼は元財務官僚である。
埋蔵金の事を言い出したのもこの人のはずだ。

(さらに…)

(ウィキペディアによると)経済アナリストの森永卓郎の記事に、思わず賛同してしまった。

本当に、世も末なのだろうか?
彼の意見に同意するなんて、初めな気がする。

彼の何に賛同したかというと、「原発のスイッチを入れよ」という提案に対してだ。

■ 反発覚悟で森永卓郎氏提案「日本は原発のスイッチを入れよ」
http://www.news-postseven.com/archives/20110404_16422.html

(さらに…)

読売新聞が最新の世論調査の結果を発表しています。
個人的に色々と興味深かったので、紹介します。

■ 政府の原発対応「評価せず」61%…読売調査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110403-00000595-yom-pol

(さらに…)

石川遼が2011年の全ての賞金を寄付することにしたそうです。
さらに、バーディー1つにつき10万円を寄付するのだとか。

ちなみに、石川選手の昨年の賞金総額は1億5千万ちょっとなのだとか。
そして、バーディー数は341あるそうです。

昨年の実績で言うと、2億円弱くらいの寄付になりそうですね。

(さらに…)

「震災で分かった」なんてタイトルを付けてみましたが、このエントリーの内容は以前から言われていたことです。
今回の震災関連の記事で、それがより明確になったということです。

この手の分野に興味を持っている人なら、目新しい話ではないはずです。

ただ、多くの人は、今回書くような認識は持っていなかったでしょう。
日本の強さは「自動車」と「家電」だと思っていたでしょうから。

一体、何が明確になったのでしょうか?

(さらに…)

今回の震災報道で、テレビ局の売上が落ちているのは確実です。

震災発生後は、コマーシャル無しで数日間放送を続けました。
少なくとも、あの期間のコマーシャル収入は無いと思われます。

さらに言うと、震災報道の番組制作費も当然かかります。
ヘリを飛ばすのも、社員以外の人を起用するのも、当然お金がかかります。

赤字続きの局もあっただけに、経営に影響があるところも少なくないでしょう。

(さらに…)

国が東京電力の国有化に関する検討に入ったそうです。
株式の半分以上を取得し、経営権を握る事を考えているのだとか。

■ 東京電力の一時国有化案、政府内に浮上
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110329-00000042-yom-bus_all

東電が発行した株式の半分以上を国が買い取れば、東電の経営権を握ることが出来ます。
そうすれば、国主導で損害賠償および再建できると言うわけです。

(さらに…)

東京電力の社長が数日間「過労でダウン」していた事がわかりました。
その期間は東電本店内の別室で、指示を出していたとか。

震災以降社長は一度しか姿を見せていませんでした。
常に対応するのは副社長以下の取締役だったのです。

これまで、なぜマスコミの前にでて会見しないのか疑問に思っていましたが、このニュースで納得しました。

(さらに…)

東京電力に厳しい世論をうけて、民主党政権は東京峡電力をスケープゴートにしようとしている気がします。
上手く行っていない震災対応の批判を逸らす目的で、東電たたきを使おうとしているように見えるのです。

実際、民主党政権は、原発対応に関しては一定の評価をされているようです。
先週後半に行われた、次の世論調査をご覧下さい。

【問い】福島第一原発で、…政府は適切に対処していると思いますか。

思う 49.0%
思わない 46.4%
(その他・わからない) 4.6%

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/shin2001/chousa/2008/110327.html

(さらに…)

東京電力が、タービン建屋という建物に貯まった水の放射能に関して、間違った発表をしました。
技術的にどんな問題があったかは省略しますが、放射性物質をセシウム134をヨウ素134と取り違えたと言うことです。

■ 副社長「お騒がせした」=相次ぐ訂正発表―放射性物質取り違え・東京電力
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110328-00000002-jij-soci

このミスに関して、予想通り大バッシングが起こっています。
まあ、毎日大バッシングされているので、びっくりはしないですけど。

(さらに…)

テレビや新聞では、震災での死者および行方不明者の数を報じています。
しかし、これらの報道には、ちょっとした嘘があります。

嘘と言うと大げさですが、正確に伝えられていない部分が有るのです。
それは、「届けられていない安否不明者」が行方不明者数にカウントされていないという点です。

今回発表される行方不明者数ですが、家族などが警察に届出をして始めて行方不明者にカウントされます。
このシステムが、発表する数字を小さくしています。

(さらに…)

政府の「直ちに健康被害が無い」という発表に対して、疑心暗鬼でいる人も多いようです。
「直ちに」は大丈夫だけど、「将来的にはどうなの?」という疑問を持っているのです。

はっきり言って、こういう疑心暗鬼をもたれることは、社会不安をもたらします。
一つも良いことがありません。

何とかして、政府は国民が持つ不安を取り除く必要があります。
これをうまくやらないといけません。

一体、何が上手く行っていないのでしょうか?

(さらに…)

スタンダード・アンド・プアーズが日本の保険会社9社の財務力の格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引下げたのだそうです。
この9社には生命保険会社も損害保険会社も含まれています。

「格付け見通し」というのは、馴染みがない方には分かりにくいかもしれません。
噛み砕いて言うと、「今回は格付け自体は下げないけど、状況は悪くなっているよ」と言うような意味ですね。

■ 日本の保険会社9社の格付け見通しを「ネガティブ」に引き下げ=S&P
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110326-00000677-reu-bus_all

(さらに…)

与謝野経財相が家庭用の電力料金の値上げを示唆しているようです。
電力料金の値上げを行うことで、電力の使用を抑制しようと言う考えです。

工場の生産性を落とさないためには、家庭部門で調整するしかないと言う考えのようです。

■ 節電は家庭用の値上げで=生産拠点への供給優先―与謝野経財相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110325-00000066-jij-pol

まあ、考え方としては分からなくは無いですけどね。
反発は必至でしょうね。

(さらに…)

先日、ミャンマーでも大きな地震が起きたようです。
ここまでのところ、25人の死者が出たことが分かっています。

■ ミャンマー東部でM6.8=タイ、ラオス国境、死者情報も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110325-00000004-jij-int

ニュージーランド、日本、ミャンマーと人命が失われる地震が連続して起こっています。
このことで、不安になっている人も居るようです。

上の記事のコメント欄でも、そう言った書き込みが多数見られます。

NZ、日本ときて、また巨大地震…
地球が大変なことになってる

世界中の地底で異変が起きている…

(さらに…)

政府が、風評被害の農作物も補償の対象にするという方針を出したそうです。
農家の方は実害をこうむっていますから、補償されるのは自然なことと言えるでしょう。

■ 農産物、風評被害も補償対象…政府方針
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110324-00001078-yom-pol

今回の件で、補償があること自体には全く違和感を感じていないません。
でも、損害賠償の範囲は政府が発表することなのでしょうか?

この点にはちょっと違和感を感じます。

(さらに…)

生命保険各社は、今回の震災で行方不明になった方にも死亡保険金を支払う事を決めたようです。
これは英断だと思います。

■ 遺体未発見でも死亡保険金…被災者に特例措置
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110324-00000190-yom-bus_all

この決定で、今後の生活が楽になるという方も増えるでしょう。

(さらに…)

政治の圧力などにより、プロ野球の開幕が二転三転しました。

セリーグの対応は確かに問題がありました。
計画停電をしている時期ですから。

電力消費が大きいドームで興業を行うというのは、どう考えても抵抗があります。
計画の変更は当然と言えるでしょ。

その一方で、政治が違法でない民間の活動に、あそこまで口を出して良いのかというのには疑問が残ります。
権利の侵害に当たるのではないかとすら感じます。

(さらに…)

オウムのように「直ちに健康への影響は無い」と繰り返す専門家と官房長官。
でも、「直ちに」という言葉はどうしても気になります。

「直ちに」と付けるということは、「長期的」には影響があるということの裏返しでしょう。
そうでなければ、わざわざ「直ちに」と言いません。

私も「直ちに問題」はオウムのように繰り返ししてきました。
それに関して、サポートするような記事が出てきました。

(さらに…)

2週間程度続いた計画停電も、実質的に終わりが近づいているように思います。

今後は気温が上昇するので、電力需要が減りそうです。
そして、川崎市にある火力発電所から供給が増えました。

■ 計画停電 東京電力、きょう午前は見送り
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110324-00000104-san-soci

多分、今週一杯くらいで、実質的にはお終いなのでしょう。

(さらに…)

国が、東京電力に2,400億円というお金を出す事を検討しているようです。
これは、原子力発電所の事故に対する損害賠償に備えるための措置です。

実は、自然災害の場合は、原発1つにつき最大1,200億円を支払うことが決まっています。
今回は原発2つが対象なので、2,400億円と言うことです。

■ 東電原発賠償、国が分担へ=まず2400億円、追加支援も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110323-00000054-jij-pol

(さらに…)

作業着でさえ襟を立てるおしゃれな蓮舫大臣が、セリーグの方針に対して意義を唱えました。
野球関係者と会うときも、襟を立てるのは忘れないのでしょうか?

http://www.sanspo.com/baseball/photos/110321/bsr1103210506003-p1.htm

襟は余談です。
本題に移りましょう。

確かに、セリーグの案は理解しにくいものです。
異論が出たから4日だけ後ろ倒しというのは、子供だましにしか見えないでしょう。

(さらに…)

昨日「東京電力は倒産するのか?」というテーマで記事を書きました。
これに関する間違いがありました。

間違えた原因は、Wikipedia の記述を誤解していたためです。
用語の意味および事実関係を取り違えていました。

お詫びして訂正します。

(さらに…)

今回の震災と原発事故では、色々な風評被害が発生していると言われています。
ここ数日は、放射能の影響がある野菜が問題になっていますね。

ところで、今回の地震・津波・原発事故の風評被害の中で、一番影響を受けているのは実は東京電力なのではないかと思っています。
一国の首相に「つぶれる」なんて言われちゃったら、影響が無いわけはありません。

実際、東京電力は潰れるのではないかと、本気で考えていえる人も多いようです。
結構深刻な風評被害ですね。

(さらに…)

アメリカは原発から80km以上離れるように勧告しているようです。
その根拠が分かりました。

ニューヨークタイムズの次の記事です。

■ The Evacuation Zones Around the Fukushima Daiichi Nuclear Plant
http://www.nytimes.com/interactive/2011/03/16/world/asia/japan-nuclear-evaculation-zone.html?scp=1&sq=estimates%20of%20potential%20exposure&st=cse

(さらに…)

震災以降、いくつかの大型商業施設はしばらくしまっていました。
そして、これらの商業施設は、計画停電の影響で、時間を限定した営業しかできてません。

おそらく、小売やレストラン各社にとっては、厳しい状況なのでしょう。
そして、当面は厳しい状況が続きそうです。

ただ、小売やレストランにとっては全般的に厳しい状況ですが、その中でも濃淡は有りそうです。

(さらに…)

一つ前に書いた記事に関連して、別のサイトにコメントがありました。
このように混乱する原因はマスコミの報道に問題があるのではないかというのです。

確かに、テレビを見ていると、ミリとマイクロの違いも分かっていないと感じられます。
放射線と放射性物質の違いも分かっていないでしょう。

伝える側の無理解が混乱を大きくしている側面はありそうです。

(さらに…)

原発の事故に関して、防護服を買いたいと考えている人がいるようです。
これって、パニックになりかけていると言っても良いでしょうね。

■ 防護服はどこまで使える?一般人からも問い合わせ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110319-00000601-san-soci

記事によると、自衛隊の防護服は一般の人では手に入らないとのことです。
そして、その防護服ですら放射線に対して完璧ではないのだとか。

(さらに…)

昨日、菅首相がテレビカメラの前に出てきた。
あいかわらず、抽象的な説明で、今ひとつしっくりこなかった。

肝心の部分は避けて話している印象だ。

それでも、顔を見せること自体は悪くないだろう。
こういう状況だから、折々で先頭に立って対応しているというアピールをするのは悪くない。

(さらに…)

今度は農産物から放射線が検出されたのだそうです。
福島県のお隣の、茨城県で作られた、ほうれん草と牛乳からです。

■ 牛乳、ホウレンソウ、基準超える放射線=「直ちに健康に影響せず」―枝野官房長官
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110319-00000086-jij-pol

政府は例によって、「直ちに健康に影響する数値ではない。」といっています。
おそらく、数値がそれほど大きくないというのは本当なのでしょう。

(さらに…)

東北で起きた大地震以降、色々なところで義援金集めをしている。
それに関して、心が穏やかではない噂を目にした。

その噂とは、「義援金を集めることで、企業は節税ができる」と言うものである。

企業は集めた義援金を「寄付金」として会計処理する。
そうすると、寄付金の控除が使えるので、法人税を減らすことが出来るという理屈である。

(さらに…)

もしかしたら、被災している人の所にも電話が行っているかもしれない。

今夜、「京都彩りの祭典」というところから、アンケートか何かの電話がかかってきた。
機会音声で無作為に掛けるタイプのやつね。

なぜ今?

こういう時だからこそ、商業活動を停滞させるのは、よくないと思っていますよ。
でも、今のタイミングで無作為に電話するのか?

(さらに…)

テレビを見ていると、専門家達は言いたい事を言えていないみたいだね。

リスク管理の専門家と称する人は、「今のレベルなら健康上問題ない」と繰り返すばかり。
「オウムか!」って突っ込みたくなるほどだ。

気になるのは、「今のレベルなら…」と言う言い方だ。
これは、「被害が深刻になると健康上問題がある」と言っているのと同じに聞こえるよね。

(さらに…)

各社がテレビCMを見合わせているようです。
ほとんどが公共広告で、通常の商業CMはほんの少ししか流されません。

そんな中、第一商品と言う会社がテレビCMを流していました。
金などの貴金属投資を仲介する会社です。

確かに、金は有事に強いと言う印象があります。
その意味では、今CMを流すのは良いタイミングなのかもしれません。

商業的には合理的な判断なのでしょう。
人々が不安に感じている時期ですからね。

(さらに…)

ACのCMが頻繁に流れています。
これに対して、かなりの数のクレームの電話がかかっているそうです。

中には恫喝まがいのものもあるのだとか。

■ AC大量CMに苦情殺到…脅迫電話も
http://www.daily.co.jp/gossip/article/2011/03/18/0003874681.shtml

クレームをつけている人は、何を考えているのでしょうか?
条件反射的に抗議しているとしか思えないですよね。

(さらに…)

78円台で推移していたドル円のレートが、81円台まで円安に動きました。
どうやら、協調介入があったようです。

協調介入というのは、日本だけでなく海外でも円売りの介入をしたと言うことです。

■ 円、81円台前半に急落=G7の協調介入合意は驚き―外為市場
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110318-00000054-jij-bus_all

(さらに…)

今夜初めて夜間の停電を経験しました。
参考になる部分もあると思いますので、気づいた点をいくつか。

夜間の停電は未経験と言う人もいるでしょうから。
あと、自分では気づかなかったと言うポイントも有るかもしれません。

(さらに…)

福島の原発事故は徐々に対応が難しくなっているようだ。
明らかに、良いニュースより、悪いニュースの方が多い。

二転三転する発表や、会見で返答に詰まる姿を見れば、政府および東電が原子炉をコントロールできていないことは明らかだ。
あれを見て不安に感じない人がいるとしたら、よほど心臓が強いか鈍感なのだろう。

ただ、現時点では、政府が発表する、「健康被害の心配はない」という言い方はある程度正しいだろう。
これは報道などで被曝したとされる人も含めてだ。

(さらに…)

生保各社は今回の地震に関して、保険金を支払うことを決めたようです。

例えば、死亡保険に入っていた方が、今回の震災で亡くなっとします。
この場合、保険会社から死亡保険金が支払われる事になったのです。

一部大手生保は、先行して支払いを決めていました。
15日になって、他社も追随した格好になっています。

(さらに…)

今回の震災で、被災地にガソリンや灯油などの燃料が届かなくて問題になっている。

■ 「寒さしのぐ燃料ない」=ガソリン不足深刻に―我慢限界、暴動懸念の声も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110316-00000146-jij-soci

これに対して、記事のコメント欄では関東地方の住民の買占めを非難している声が上がっている。

たしかに、買占めはよくない。
しかし、本質的な問題はそこには内容に思う。

おそらく、輸送手段に問題を抱えているのではないだろうか。
ものはあっても、届いていない可能性が高いと思われる。

(さらに…)

現在、ガソリンや灯油、食料品の買占めが問題になっている。

倫理的に考えれば、自分のことだけを考えた買占めは慎まねばならない。
当然のことだ。

そもそも、中部地方や関西地方は問題なく機能しているのだ。
多少の供給減はあっても、限定的なものだろう。

そう考えれば、東京近郊で長期的に食糧不足を心配する必要など、ほとんど無いはずだ。
せいぜい数日分の食料があれば良いはずで、パニックになる必要は無い。

(さらに…)

「今こそ無駄遣いをしよう!」

ニュースサイトやブログなどを見ていると、「私達に出来ることは何か?」というテーマで書かれているものが増えている事に気づく。
多くの提案は、「節電」「義援金」「買いだめの抑制」「政府への協力」「ボランティア」などだ。

確かにこれらの提案は重要だ。
誰も異論はあるまい。

(さらに…)

地震発生以来、ちょくちょくBBC World Service を聞いています。
地震発生の当日および翌日あたりは、ずーっと被災状況について伝えていました。

そして、現在はずーっと原子炉の事故について伝えています。
専門家の解説を交えたり、日本および各国の反応を伝えたりと、幅広く報道していました。

今回の一連の災害が、海外で以下に注目されているかがよく分かります。
外からの客観的な報道をみると、自分が未曾有の災害の中にいるのだと改めて感じさせられます。

(さらに…)

政府の対応に関して、今回の震災に関して、気になっていたことが一つあります。
それは、確定申告はどうなるかという事です。

確定申告は国民自身が直接手続きしなければならないことですから、大事な問題でもあります。
細かいことなんですけどね。

地震が起きたのが、12日の金曜日午後です。
そして、確定申告の期限が15日火曜日、つまり今日までです。

まだ数日残っていたので、提出できなかった方も多いでしょう。
直前に提出をと考えていた方も結構いらっしゃったはずですから。

(さらに…)

東日本大震災の時に、義援金としてお金をだまし取るという犯罪が横行したようです。そして大きな犯罪が有るたびに、こうした詐欺は繰り返されているようですね。

金融庁もサイトなどを使って注意喚起を呼びかけていますが、決定的な対策はまだないようです。せっかくの善意が無駄に使われないためにも、注意が必要です。

(さらに…)

どのレストランがあいているか分からない状況下で、しかも安く食べ物を手に入れたい。
そんなときに、先ず私が思い出すのがマクドナルドです。

スーパーに行っても、食料品がほとんど残っていない状況を受け、マクドナルドに行ってみました。
しかも、早朝6時ちょっと過ぎに。

さすがにこの時間なら、空いているはずです。

(さらに…)

しつこいですけど、停電問題です。

14日からの停電での混乱は、やっぱり人災だったのではないかと思えてなりません。
こんな時に誰かを批判したくないのですが、あまりにも酷い。

このまま行くと、本格的な社会不安に繋がりかねません。
そうなると、人災による二次災害という状況になりそうです。

長期に行う必要があるのなら、今のままでは絶対にまずいです。
何とか、対処して欲しいものです。

(さらに…)

現時点で明日の停電スケジュールが未だに出されない。
何を考えているのだろう?

最低でも24時間前には周知しないと、誰も準備できないよ。
初日ならともかく、2日目でこの状況は酷い。

原発の件もそうだけど、情報が遅くて、しかも小出しにするよね。
この会社。

秘密主義なのかなあ?

(さらに…)

今回の地震の後のマーケットの動きで、予想外だったのが為替です。
具体的に言うと、地震発生後に円高に振れました。

個人的には、地震により日本経済に対する不安が高まって、円安に振れるとばかり思っていました。
なので、かなり意外に感じました。

ちなみに、円は他の通貨に対しても高くなっているようです。

■ NY外為(11日):円は対ドルで大幅高-地震に伴う円需要見込む (1)
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920014&sid=aKfq7g85LP8U

(さらに…)

地震から三日目の朝に、コンビニに行って品揃えをチェックしてきました。
南関東での食料品の供給事情を知りたかったのです。

具体的に言うと、ファミリーマートとセブンイレブンに行きました。
たまたま近所にある2店を選んだだけですけどね。

ファミリーマートの前には、点灯するタイプの大きな看板があります。
でも、今日は、点灯していませんでしたね。

節電の要請を受けての措置だと思われます。

(さらに…)

東電が計画的な停電を決めました。
まあ、これ自体は仕方が無いことです。

原発が止まっている以上、電力が足りないのは仕方が無いことです。
停電自体に文句を言う気は全くありません。

ただ、発表が遅すぎるんじゃないの?
停電の数時間前に発表なんて、どう考えてって対応できないでしょ。

(さらに…)

東京電力が計画停電を決めたそうです。

これ自体は仕方が無いことでしょう。
原発が止まっている以上、電力量が足りなくなるのは避けられません。

ただこの計画停電で、色々問題もおきそうです。
特に、体力の無い企業だと、倒産に追い込まれるケースも多そうです。

どう考えても、計画性に疑問が残ります。
状況が切迫しているのはわかりますが、もう少し上手に対応できなかったのでしょうか?

(さらに…)

誰かの死亡に備えるものとして、生命保険があります。
保険に入っている人が死亡したときに、死亡保険金が支払われます。

生命保険は通常、一家の中で一番稼ぎが多い人に掛けるのが一般的です。
多くの場合は、夫が該当するでしょう。

将来の一家の所得減少に備えるわけです。

(さらに…)

東北を中心とした東日本の大地震では、地震以上に津波が大きな被害を引き起こしました。
そのとき、津波は様々なものを流していきました。

津波が流した物の中には、自動車や家屋すらも含まれます。
通常では動かす事すら難しいものを、軽々と運んでいったのです。

個人が所有する財産で、金額的に考えて特に大きいのが家屋と自動車です。
このページでは、自動車についてどう守るのか考えてみたいと思います。

(さらに…)

地震になったときに助けになるものとして、先ず思いつくのが地震保険です。
この地震保険で、私達の家屋や家財はどの程度守られるのでしょうか?

そして、大規模な地震があっても、保険金は支払われるのでしょうか?
損保会社が倒産し、保険金が支払われないというようなことも心配されます。

(さらに…)