‘投資信託’ タグのついている投稿

株式投資というと、個別株の売買を思い浮かべる人も多いでしょう。

例えばトヨタ自動車とか三井住友銀行などの株を、安いと思うタイミングで買って株価が上がったら売る。そういうのが株式投資だと考えている人が多いのではないかと思います。

(さらに…)

一時期マスコミにすごい勢いで取り上げられていたのが、ラップ口座やファンドラップと呼ばれる金融商品です。

これはどんなものかというと、金融機関に運用を任せてしまうという商品です。最初に大体の方針を決めておいて、その方針に沿うように金融機関が運用してくれるわけです。

(さらに…)

何となくお金を貯めたいと思っている人は大勢います。
ても、何となく貯めたいと思っていても、お金は貯まりません。

これは、多くの人が経験から分かっている事でしょう。
思っているだけでは、実行するのは難しいものです。

そこで、確実にお金を貯めるには、賢く貯蓄する必要があります。
問題は、具体的にどうするかです。

(さらに…)

このサイトを見ている人の多くは、資産運用をしてお金を増やす事に興味を持っているでしょう。
でも、資産運用をしてお金を増やす事に、どれだけの意味があるのでしょうか?

なんだか、このサイトの存在意義を否定するような事を書いていますね。
でも冷静に考えてみると、人によっては資産運用はそれほど意味が無い事かもしれません。

このページでは、そのあたりについて考えてみましょう。

(さらに…)

投資信託の売り上げ不振で証券会社や銀行がピンチ!の続きです。

投資信託を売る側にとってはもう一つ良くない状況もあるようです。
行政が一部の投資信託の販売に、規制をかけようとしています。

この規制が実際のものになったら、投資信託の売り上げ減は避けられないでしょう。

具体的にどんな規制をかけようとしているかというと、通貨選択型と呼ばれる投資信託です。
このタイプの投信を買う際に、為替リスクの認識を書面で確認する方向のようです。

(さらに…)

投資信託の販売が厳しい状態のようです。
新規に購入する額よりも、解約と償還をあわせた額の方が大きいのだとか。

投資信託は一部の金融機関にとっては主力商品です。
ですから、その影響は小さくないでしょうね。

■ 投資信託の「失速」 株価低迷で魅力が薄れる
http://www.j-cast.com/2011/12/26117187.html

ちなみに、ネット証券にとっては、投資信託の不振はそれほどダメージが無いはずです。
というのも、ネット証券を使って投資信託を買う人はそれほど多くないからです。

(さらに…)

投資信託の残高が13ヶ月ぶりに60兆円を割り込んだのだそうです。
9月末の段階で、8月末と比べて4兆円近く残高を減らしているのだとか。

■ 投資信託残高、13か月ぶりに60兆円割れ
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20111016-OYT1T00563.htm

残高が減った主な原因は、
①国内外の株安
②円高により外貨建て資産の価値の減少

といったあたりのようですね。

特に最近は、海外の債券に投資する投信が人気です。
最近の円高傾向で損をした人は多そうですね。

(さらに…)

金融商品を売る人の無料相談は結果的にかなり高くつく

無料相談を受けた結果、びっくりするほど高い手数料の商品を交わされるという話の続きです。
最初の具体的な例として、投資信託の購入を考えて見ましょう。

証券会社や銀行の窓口に言って相談した結果、日本株に投資する投資信託をすすめられたとしましょう。
この商品を購入すると、購入時に購入額の3%の手数料がかかり、あとは毎年運用資金から1.5%程度が引かれるものとします。

株式に投資する投信としては、まあ標準的な手数料と言っていいと思います。

平均的と聞くと、特別コストが高い感じはしないでしょう。
でも、丁寧に検証してみると、かなりのコストだと分かります。

(さらに…)

金融のサービスでは、無料で相談を受けられるところが意外と多くあります。
店舗型の証券会社とか、銀行などで、無料で相談に乗ってもらった事がある人も多いでしょう。

最近だと、投資信託の購入相談なんかが多いのでしょうか。
数年前だと、外貨預金などの外貨商品かな。

あるいは、保険の無料相談のサービスもありますね。
「複数の保険会社の商品を扱う、中立なFPが相談に応じる」事を売りにしているところもあります。

さらには、こちらではお願いしていないのに、向こうから積極的にアドバイスしてくれる事もあります。
例えば、銀行に定期預金をしている人なら「そろそろ満期を迎えます。次の運用はどうしましょうか?」なんて声を掛けられた経験をお持ちでしょう。

(さらに…)

投資信託に関するある本を読んで衝撃を受けました。何に衝撃を受けたかというと、書かれている内容が出鱈目なのです。基礎的なレベルの知識さえ持っていない印象でした。

どうやら証券会社の社員が書いた本のようです。証券会社の社員って、この程度の知識しか持っていないという事なのでしょうか。不安にさせられます。

(さらに…)

年金関係の本を読んでいたら、「やりすごし」という概念が書かれていました。

個人で投資をして、自分の年金を作ろうという感じの本です。

「やりすごし」というのは著者独自の概念みたいです。

どういう概念かというと、「株式などに投資しているファンドを売却したときに税金を取られない金融商品がいい」という考え方のようです。

(さらに…)

ドル・コスト平均法は優れた投資戦略か?」で書いたように、定額で何回かに分けて買うドル・コスト平均法は、一定単位ずつ買い増していく方法と比べても、別段有利というわけではありません。
その一方で、これだけでは、明確に問題があるわけでもありません。

つまり、分割して買うと言う条件の元では、どちらでも好きな方を取れば良いわけです。どちらかが有利というわけでも、不利というわけでもないのですから。

(さらに…)

このポストは「ドル・コスト平均法は優れた投資戦略か?」の続きです。

前回の投稿で、一定の金額ずつ買った方が、一定の単位ずつ買った場合に比べて、取得単価が下がる事を確認しました。この取得価格の低減が、ドル・コスト平均法が優れているとされる根拠です。

このページでは、取得価格が低いにも関わらず、ドル・コスト平均法が不利になるケースを考えてみましょう。つまり、必ずしもドル・コスト平均法が有利ではないことを示すわけです。

(さらに…)

山崎元の「新しい株式投資論」という本を読んでいたら、ドル・コスト平均法は「有利でも不利でもない」と書かれていました。

ちなみに、ドル・コスト平均法というのは、簡単に言うと定額の積立の事です。結論だけ書いてしまうと、次のような感じですね。

毎月一定額投資すると、安いときにたくさん買い高い時に少なく買う事になる。結果として平均取得額が低くなるので、有利な投資が出来る。

ですから、ドル・コスト平均法という投資方法は、リスク低減のための優れた方法だと紹介されることが多いです。だから、この記述は、にわかには信じがたいものなのです。

正直に言うと、私自身も盲目的にドル・コスト平均法のメリットを信じていました。

(さらに…)

ここまで投資信託を使って積立をするメリットデメリットについて見てきました。このページでは投資信託の積立に関する補足として、証券会社の選び方について考えてみましょう。というのも、投資信託の積立をするときに、どの証券会社を使うかは意外と大事なのです。

まずは、投資信託の積立で証券会社を選びが重要である理由を説明します。次に、どの証券会社がおすすめなのか説明しましょう。

(さらに…)

前のページでは、投資信託で積立をするメリットを見てきました。

かなり多くのメリットがある事がお分かりいただけたと思います。

しかし、残念なことに、物事にメリットだけということはありません。

一定のデメリットも有ります。

(さらに…)

前のページでは、投資信託は積立が可能であるという説明をしました。ここからは、投資信託を積立てるメリットについて考えていきましょう。銀行預金には無いメリットがあることがおわかりいただけると思います。

(さらに…)

さて、前のページまでは生命保険の積み立てについて説明してきました。

続いては、投資信託での積み立てについて考えていきましょう。

投資信託での積立に関しては、知らない人が多いかもしれません。

しかし、銀行の定期預金や貯蓄性の高い生命保険のように積立をすることが可能なのです。

(さらに…)

将来に備えてお金を貯めようと考えている人の多くは、積立を利用することでしょう。毎月2万円とか3万円を自動的に貯めていくのです。

お金を貯めるのに積立というのは、とても良い方法です。なぜなら、毎月一定額を自動的にためていく形になるので、意志が弱い人でもお金を貯めることが出来るからです。毎月2万円とか3万円程度でも、何年かたって気づいたら、100万円以上たまっていたなんていうことになるわけですね。

(さらに…)

【問題】

下記のような公募型の投資信託を想定します。

商品分類
追加型投信/海外/債券
※社団法人投資信託協会の商品分類によります。
課税上の取扱い 株式投資信託
運用の基本方針
海外の公社債に分散投資をしてリスク分散を図ったうえで、ベンチマークとするインデックスを上回る収益の確保を目指します。
当初設定日 平成21年10月29日
信託期間 15年間

このファンドは、株式に投資することが出来る。
○か×か?

(さらに…)

【問題】

下記のような公募型の投資信託を想定します。

商品分類
追加型投信/海外/債券
※社団法人投資信託協会の商品分類によります。
課税上の取扱い 株式投資信託
運用の基本方針
海外の公社債に分散投資をしてリスク分散を図ったうえで、ベンチマークとするインデックスを上回る収益の確保を目指します。
当初設定日 平成21年10月29日
信託期間 15年間

このファンドは、主たる投資収益の源泉を、実質的に海外の債券によるものとしている。
○か×か?

(さらに…)