利便性にこだわるなら電子マネーは後払い型のiDがおすすめ

電子マネーというと、ポイントがどうのという話が中心になる傾向があるような気がします。でも、一番大事なのは、ポイントじゃないですよね。まず利便性が大事で、ポイントはプラスアルファの要素です。

それでは、利便性という意味では、どんなカードが良いのでしょうか。ちょっと考えてみましょう。

電子マネーの問題点は2つ

電子マネーに関して、個人的に大きな不満が2つあります。

電子マネーはチャージが面倒

一つは、チャージが面倒な事です。電子マネーというと、毎回5,000円をチャージして、残高を気にしながらお金を使うというイメージですよね。これが非常に面倒なのです。

毎回チャージするのも面倒ですし、残高を気にするのも面倒です。はっきり言って、煩わしい以外のなにものでもありません。

これだったら、いつでも残高が確認できる現金の方が、はるかに優れていると思うのです。チャージという行為自体、二度手間ですしね。

電子マネーは使える店が電子マネーごとに違う

もう一つは、電子マネーを使えるお店が、電子マネーごとに異なるという点です。特に、大手のコンビニ3社で使えない店があるとなると、使い勝手は悪いと言わざるを得ません。1

かといって、何枚も電子マネーのカードを持つなんて、ばかばかしい行為です。例えば3枚のカードを持って、すべてのカードに最低5,000円チャージしておくとしましょう。これって、はっきり言って、単なる浪費ですからね。

カードの枚数が増えると、使われず放置されるカードが出てきます。その部分に関しては、電子マネーに寄付をしているのと同義なのです。

ですから、複数の電子マネーを使うくらいなら現金でいいよと、やっぱりなってくるわけです。

人によってこだわるポイントは様々でしょうけどね。個人的にはこの2つに関して、非常に大きなデメリットだと考えているわけです。

オートチャージにするかポストペイ型(後払い型)にするか

チャージの問題に関しては、解決方法が無いわけではありません。オートチャージにするかポストペイ型の電子マネーを選べばいいのです。

オートチャージとういのは、残高が一定額を下回ったら、自動的にチャージしてくれる電子マネーです。クレジットカードとセットになっていないといけないので、利用できる人は限られそうです。このためにわざわざカードを作るのはイヤという人は多いでしょうからね。

ポストペイ型というのは、要するに後払いの事ですね。使った分を、定期的に後から払うわけです。

使った分を後から払うというのは、クレジットカードと同じではないかと思った人もいるでしょう。実際その通りで、最終的にはクレジットカードで決済をすることになります。また、カードもクレジットカードと一緒になっているものが多いです。

それならクレジットカードを使えばいいのではないかとも思いますけどね。使えるシーンの多さを考えると電子マネーの方が使い勝手が良さそうです。まあ、1枚のカードに2つの機能が付いていると思えば、単純に便利なカードという言い方も出来そうです。

交通系の電子マネーのみを利用しチャージの手間は諦める?

もう一つの方法は、Suica などの交通系の電子マネーのみを利用することですかね。交通系の電子マネーは利用しないわけにはいきません。ということは、オートチャージでない限りは、時々チャージする必要があります。

このチャージの手間は致し方ないものですから、この部分の手間だけは諦めて、ちょっと多めにチャージをしておけば良いわけです。

記名式のSuica なら、カード番号と個人情報だけで、簡単にカードを止めて再発行できます。もちろん、チャージしている金額は保証されます。多少の手間と手数料はかかりますけど。ですから、多少大きな額をチャージしておいても、それほど問題はありません。

どちらを利用するにもクレジットカードが必要だが

さて、オートチャージかポストペイ型かという話に戻りましょう。

オートチャージにしろポストペイ型にしろ、共通するのはクレジットカードが必要であるという点です。ただ、カードの選択肢の自由度という意味では、ポストペイ型の方が優れていると言えそうですね。

というのも、上にも書きましたが、オートチャージ型は使えるカードが限られるからです。例えば、楽天Edy だと、一部の楽天カードでないと使えません。

それに対して、例えばポストペイ型の電子マネーであるiDはかなりたくさんのクレジットカードに対応しています。iDのサイトによると、次の会社のクレジットカードで利用可能なようです。

  • イオン銀行
  • NTTドコモ(dカード)
  • オリエントコーポレーション
  • クレディセゾン
  • JFRカード
  • セディナ
  • 大和ハウスフィナンシャル
  • ペルソナSTACIAカード
  • ポケットカード
  • 三井住友カード
  • ユーシーカード
  • ゆうちょ銀行
  • ライフカード
  • VJAグループ

自分の使っているカード会社のカードがあれば、iDを使えるカードに切り替えるだけです。それほどの手間はかからないでしょう。

例えば、三井住友VISA カードなら、iDが使えます。

お店としてはクレジットカードよりポストペイ型の電子マネー

ちなみに、小売店としては、クレジットカードを使われるよりも、ポストペイ型の電子マネーを使って貰う方が良いようです。というのも、決済の手数料が電子マネーの方が安いからです。

一般にクレジットカードでは、決済手数料の幅がかなりあるようです。売上に対して1%から10%程度まで様々です。これに対して電子マネーでは、ポストペイ型の場合、2~3%の手数料で済むようですね。

ということは、決済方法によって、売上に対する手数料が数%違うという事になります。そうだとすると、似たような決済手段なら、クレジットカードよりもポストペイ型の電子マネーの方が良いという話になりそうです。

お店にとって一番いいのは、デビットカードみたいですけどね。

使える店舗数で見るとiDと楽天Edy が強いようです

利便性という意味でもう一つ重要なのが、使える店舗が多いかどうかです。この基準で見ると、iDと楽天Edy が強そうですね。

ということで、個人的には、iDが利用しやすいのかなあという感じがするわけです。対応しているクレジットカードの種類が多いうえに、使える店舗が多いですから。

楽天カードを作る気があれば、楽天Edy でオートチャージを利用するという手もありますけどね。まあ、このあたりは趣味の問題です。

また、使える店舗の数で言うとSuica も意外と利用できるところが多いようですね。ですから、Suica 一本で、ちょっと多めにチャージするという上に書いた作戦は、意外と有効かもしれません。

ただ、その場合は、記名式のSuica を選んでください。無記名のタイプだと、いざというときカードを止められませんから。

  1. この2番目の理由で、比較的人気があるnanaco とWAON は私の中では使えないカードという位置づけになっています。流通大手の縄張り争いで消費者が不便になるなんて、あり得ない話ですから。 []

楽天カードがおすすめです

クレジットカードでは楽天カードがお勧めです。

●ポイント1

カード利用をするだけで最低でも利用額の1%分の楽天スーパーポイントが入ります。つまり、常に1%分の割引が受けられるということですね。

●ポイント2

楽天Edy のオートチャージが設定できるので、楽天Edy を使っている人には、さらに使い勝手が良いはず。楽天Edy を使った場合も100円につき1円分のポイントが貯まります。

●ポイント3

年会費が無料です。

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。