不便な電子マネーが日本でイマイチなのは必然か| 今のところ現金の方が便利

他国と比較すると、日本では電子マネーは今一つ普及していないのだそうです。その理由を考えてみると、現時点では電子マネーって不便なんですよね。というか、日本では現金が便利すぎるのかもしれません。

電子マネーの評判が悪い点

それなりに利用者も増えてきた電子マネーですが、不満を持っている人も多いようです。また、海外と比較すると、利用者が少ないという現実もあるようですね。

さて、日本の電子マネーは、具体的に何が問題なのでしょうか。ネットの評判などをチェックしてみましょう。

チャージが面倒

電子マネーの大きなデメリットの一つは、チャージが面倒という点でしょう。確実にひと手間余分にかかりますからね。

そもそも、チャージをする機械の数が少ないという問題点もあります。そういう場合はコンビニの店頭などでチャージができますが、チャージするためだけにコンビニに行きます?

また、残高を気にしながら使わないといけないというのも面倒ですよね。現金のように、財布を開けばすぐチェックできるというわけにもいきませんから。そして、いざ買おうと思ったら残高不足だったなんて、最悪ですよね。

差額は現金で払える場合が多いようですが、だとしたら電子マネーの意味って何?最初から現金払いで良いと思うのです。

チャージが面倒な人には、オートチャージ機能が付いた電子マネーもあります。でも、これも、指定されたクレジットカードと連動させないといけません。となると、オートチャージをするためにカードを作るのかという事になりそうです。

私個人としては、そんな気にはなりません。やっぱり、チャージの問題は、かなり電子マネー普及のネックになっていると思われます。

鉄道系の電子マネーは、まだいいんですけどね。電車の切符の自販機でチャージができますから。流通系は本当に不便です。

財布が2つになるのと同じなので、入出金の管理が面倒

家計簿をつけて入出金を細かくチェックしている人にとっては、電子マネーは最悪です。入出金の管理がかなり難しくなってしまいます。

財布だけを使っているのなら、財布の中身が残高なので入出金のチェックが容易なんですよね。例えば一週間の生活費を3万円ときめている場合、週1回銀行から出金して財布の中身がゼロにならないようにすれば大雑把な入出金管理は出来てしまいます。

しかし、電子マネーを使うと財布が2つになったようなものですからね。当然ですが、管理は大変になります。

家計の管理くらいだと、電子マネーにチャージした瞬間に、お金を使ってしまったものとして処理することも出来ますけどね。でも、そうなると、細かく家計簿をつけることは不可能になります。

さらにオートチャージができるようなカードだと、勝手に入金されてしまいます。こうなると、入出金の管理は相当大変になるでしょうね。

カードごとに使える店舗が限られるので使いづらい

個人的に電子マネーに魅力を感じない最大の理由は、カードごとに使える店と使えない店がバラバラというのが大きいです。

クレジットカードだと、こんな事は無いんですよね。カードが使える店なら、VISA でもMastercard でも、JCB でも使えるという場合がほとんどです。ですから、少なくとも国内での利用を考えたら、利用店舗数の多さでカードを選んだりはしません。

でも、電子マネーは、大手のコンビニやスーパーでも使えたり使えなかったりします。イオン系とイトーヨーカドー系の縄張り争いもあるようです。

これじゃあ、財布代わりなんて一生無理ですよね。

一番便利なのは、明らかに現金決済

一部の流行りに乗りたがる人は、財布なんてもう要らないというような事を言っているようです。でも、現実問題として、今の日本で一番便利なのは明らかに現金です。

財布が要らない前に、電子マネーが要らないという方が適切でしょう。少なくとも現時点では。

敢えてどこか一つ電子マネーを選ぶとすれば、鉄道系でしょうかねえ。Suica が代表です。

鉄道系なら駅の券売機でチャージができますし、流通系列ごとの縄張り争いとも無縁です。多分、お財布代わりというイメージに一番合った使い方ができるはずです。切符を買う手間も省けますしね。

日本で普及が遅いのは何故でしょう

上にも書きましたが、海外に比べると日本の電子マネーの利用は少ないようです。

日本でも電子マネーはそれなりに普及してきたんですけどね。海外の方がより進んでいるという事でしょう。

このことを、かなり批判的に書く人もいます。まるで日本が時代の流れから遅れているかのような書き方をするのです。

例えば中国と比較して、「中国では現金で支払おうとすると驚かれる。それだけ中国は電子マネー大国で、日本は取り残されている。」こんなふうに批判するわけです。

でも、この批判はかなり的外れです。中国と日本では、置かれている状況が全然違うんですよね。

人民元の紙幣が信頼されていない

中国の人民元は、かなりの偽札が出回っていると言います。中国人自身も、人民元の紙幣を信頼できない状況です。そうであるのなら、電子マネーの方がまだ信頼できると思うわけです。

中国人が仮想通貨に投資しているのも似たような状況からです。紙幣というよりも、そもそも人民元という通貨自体が信頼できないから、それ以外の価値があるものを買おうと考えるのです。その結果、外貨だったり仮想通貨だったりが買われるわけですね。

そして、それをするのが難しい庶民は、せめて人民元の紙幣でなく電子化したものをというふうに行動するわけです。

日本は全く反対の状況

これに対して、日本は全く反対の状況です。電子マネーが信頼されていないとは言いませんが、電子マネー以上に紙のお札を信頼している人が多いですよね。おそらくは。

そして、日本円という通貨自体も信頼されています。マスコミがどんなに騒ごうと、国債の金利が上がらないのがその証拠です。

また、日本の治安が良いのも、電子マネーが普及し辛い理由の一つです。治安が悪い国だと現金を持ち歩かず、クレジットカードや電子マネーで決済をする傾向があるようです。

まあ、ですから、日本で電子マネーの利用が少ないのは、ある意味当然なのです。

余談:コンビニなどに行かないとチャージができないというのは罠だと思う

上に書いたように、流通系のカードはお店に行かないとチャージができません。実は、これって、すでに罠だと思うんですよね。

常にある程度チャージしておきたいと思う人なら、チャージをするためにお店に立ち寄ることもあるでしょう。チャージがされていない電子マネーなんて、ただのプラスチックですからね。常にある程度使える状態にしておこうと思うのは自然な感覚です。

ところで、チャージをするためにお店に立ち寄った時に、買い物をしないでチャージだけして帰るという事が、果たして可能でしょうか。

率直にって、そんなことが出来る人が多いとは思いません。チャージをしにお店に入ったら、ついでに何か買ってしまいますよね。特に、コンビニのようなお店だと。

WAON やらnanaco やらといった流通系のカードだと、おそらくここまで計算しているはずです。電子マネーを導入することでデータが得られるなどのメリットもあるでしょうが、それだけでは無く、売上アップにつなげることを考えている事でしょう。


楽天カードがおすすめです

クレジットカードでは楽天カードがお勧めです。

●ポイント1

カード利用をするだけで最低でも利用額の1%分の楽天スーパーポイントが入ります。つまり、常に1%分の割引が受けられるということですね。

●ポイント2

楽天Edy のオートチャージが設定できるので、楽天Edy を使っている人には、さらに使い勝手が良いはず。楽天Edy を使った場合も100円につき1円分のポイントが貯まります。

●ポイント3

年会費が無料です。

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。