低燃費車(ハイブリッド車)に買替えてガソリン代を節約

低燃費車は、当然ですが、燃費が良いわけです。という事は、ガソリン代が安くなるわけですよね。これって、もしかしたら、節約になるのではないでしょうか。あるいは、車体の価格が高くつくので、逆に損なのでしょうか。ざっくりと比較してみました。

年間どのくらいガソリン代がかかる?

低燃費車に乗り換えると、ガソリン代はどのくらい安くなるのでしょうか?

とりあえず、カタログスペックで、トヨタのプリウスの燃費は1リットル当たり40.8km なのだそうです。さすがに1リットル当たり40.8km という数字は、かなり限定的な環境でしか出せない数字でしょうけどね。まあ、他に参考になる数字もないので、これでいきましょう。

また、走行距離ですが、年間5,000km 前後という人が多いでしょう。ということは、年間のガソリンの消費量は122.5リットルという事になります。

次にこれを書いている時点のガソリン代ですが、おおよそ1リットル140円なのだそうです。という事は、年間のガソリン代が1万7150という事になります。まあ、1.7万円としておきましょう。

低燃費車とのガソリン代の差は?

車種によっても違いますが、ガソリン車とハイブリッド車を比べると、燃費は2倍程度違うみたいです。最近は、もっと違うかもしれません。

ここから、ガソリン車を選んだ場合と、ハイブリッド車を選んだ場合のガソリン代の差が計算できることになります。仮に燃費の差を2倍とすると、年間のガソリン代の差が1.7万円ということになります。仮に燃費の差が3倍なら、3.4万円の差という事になります。

ちなみに、走行距離の5,000km というのは、ソニー損保の自動車保険の年間走行距離による区分から出しています。「3,000km以下」「5,000km以下」「7,000km以下」「9,000km以下」で区分けをしているので、5,000km か7,000km を基準にするのが良いと判断しました。

ハイブリッドをわざわざ選ぶことも無いよね

仮に年間3.4万円違うとしても、それだけのためにハイブリッドを選ぶのかという話になってきそうですね。10年乗って34万円ですからね。ハイブリッド車の割高感の方が勝ちそうな気がします。

まあ、ハイブリッド車に好きな車があれば、ハイブリッドでも良いかなあという位でしょうかね。

走行距離が長い人なら、ハイブリッドで元が取れるかもしれませんね。逆に、走行距離が短い人だと、ハイブリッドで元を取るのは厳しい気がします。

実際には、買取価格なども含めて考慮する必要はあるのでしょうね。あるいは、ハイブリッド車は電池の劣化があるという話もあります。

好きにすればいいと思うよ

ただ、少なくとも、燃費だけで元を取ろうと思うと、結構難しそうな印象を持ちました。

ビックリするほどの差は無いようなので、ハイブリッド車が好きなら選んでも良いという感じでしょうか。あんまり悩むような話でもなさそうです。

ガソリン代次第

大きな不確定要素として、今後のガソリン代の影響はかなり大きいでしょうね。

当然ですが、ガソリン代が高くなるのなら、ハイブリッドのメリットは大きくなります。逆にガソリン代が下がるなら、メリットは小さくなります。

もっとも、原油をガソリンにすること自体にコストが掛かるでしょうから、数倍になったり数分の1に成ったりという事は考えにくいでしょうけどね。それでも、1台の車に乗っている期間に3割安くなたり、逆に1.5倍になるなんて言う可能性は捨てきれません。

車に乗らないのが一番の節約

ちなみに、車関係で節約を考えているのなら、車を持たないというのが一番賢い選択かもしれません。まあ、状況次第で可能な人と不可能な人はいるでしょうけどね。

新車のチェックは

最後に、車のチェックをしたい人向けに次のサイトをご紹介しておきます。興味があれば、使ってみてください。


楽天カードがおすすめです

クレジットカードでは楽天カードがお勧めです。

●ポイント1

カード利用をするだけで最低でも利用額の1%分の楽天スーパーポイントが入ります。つまり、常に1%分の割引が受けられるということですね。

●ポイント2

楽天Edy のオートチャージが設定できるので、楽天Edy を使っている人には、さらに使い勝手が良いはず。楽天Edy を使った場合も100円につき1円分のポイントが貯まります。

●ポイント3

年会費が無料です。

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。