ふるさと納税は非常にお得な仕組み| 条件を満たせば和牛やパソコンがもらえる可能性も

ふるさと納税の仕組みを使うと、2,000円でパソコン一台がもらえるかもしれません。安いパソコンとは言え、国内で生産されたパソコンです。新しくパソコンが欲しい人は、チェックしてみるといいかもしれません。

ふるさと納税について確認しておこう

パソコンを貰う方法について説明する前に、ふるさと納税について簡単に確認しておきましょう。ふるさと納税というのは、一言で言ってしまうと、どこかの地方自治体に寄付をすると所得税や住民税が安くなる仕組みのことを言います。

どのくらい安くなるかと言うと、限度額の範囲内なら、「寄付をした額-2,000円」分安くなるのです。イメージとしては、2,000円の手数料を払うと、減税された全額を寄付に使えるという感じですね。1

「もの」で釣る自治体も

ふるさと納税を使って寄付をされると、寄付金を受け取った自治外は財政が潤います。ですから、多くの寄付を得るために、「もの」で釣っている自治体も多いようです。「寄付をしてくれたら、代わりに○○を差し上げます」というようなことをしているのです。

しかも、かなり高価なものをプレゼントしている場合もあるようです。パソコンもその一例ですね。

自分に関係ない自治体に寄付をすることができる

ちなみに、「ふるさと納税」という名前が付いていますが、全く縁もゆかりもない地域にも寄付をすることもできます。例えば、大阪で生まれて大学入学後は東京で暮らしているという人が、札幌市に寄付をする事もできるのです。

ですから、ふるさと納税でもらえるもので比較して、任意の自治体に寄付をすることができるのです。逆に任意の自治体に寄付ができるから、プレゼントで寄付集めをする自治体があるのでしょうね。

ちなみに、プレゼントに力を入れている自治体は、地元の特産品の売り込みという目的もあるのかもしれませんね。例えば和牛の産地だと、和牛をプレゼントしているところが多いようです。あるいは漁港を持っているような都市だと、海産物のプレゼントがあったりします。

飯山市ではパソコンをプレゼント

ということで、パソコンの話に戻りましょう。実は、長野県の飯山市では、パソコンやディスプレイのプレゼントがあるのです。

飯山市がパソコンや周辺機器を選ぶ理由は、マウスコンピューターというPCメーカーの工場があるからです。ある意味、地元の名産品のプレゼントをしているわけです。その意味では、和牛プレゼントとあまり変わりません。2

公平性の点で疑問がある

ところでこの仕組みって、率直に言って、公平性の点で問題がありますよね。なぜかというと、結果的に2,000円の自己負担をするだけで、パソコンがもらえてしまうからです。普通に居住地に納税してる人からみたら、とんでもない話でしょう。

現状では、ふるさと納税の特典について知らない人の方が多いのかもしれません。ですから、あまり大きな問題にはなっていないのでしょう。

しかし、変なブームでも起きると、意外と大問題になるかもしれませんね。

まあ、利用者である私たちは、最大限有効に活用させていただくことにしましょう。ただ、潜在的な問題を抱えていますから、将来的に使えなくなる可能性はありますけど。


  1. 参考:都道府県・市区町村に対する寄附金(ふるさと納税)について| 総務省 []
  2. 「ふるさと納税」特典にPCや液晶ディスプレイ 長野県飯山市、マウスコンピューター製品採用(ITmedia ニュース)2015年1月21日 []

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。