Windows XP が入ったパソコンの買い替えを、そろそろ検討しましょう| 格安パソコンの情報も

2014年の4月9日をもって、Windows XPのサポートが終了します。これを書いている時点で、もう1年を切っていることになります。

サポートが終了すると、具体的に何が起こるのでしょうか。

一番大きい影響は、セキュリティ更新プログラムの提供がストップすることでしょう。ネットワークにつながっている限り、セキュリティ上とても弱い状態になってしまうわけですね。

パソコンの買い替えを検討しましょう

これに対応するには、新しいPCを購入するしかないでしょう。

一応、Windows のより新しいOSを入れることでも、対応は可能です。しかし、XP搭載で売られていたパソコンでは、スペック的に十分ではない可能性が大きいのです。

最近のパソコンは、かなり安いものが出ています。ノートパソコンやモニターなしのデスクトップパソコンなら、4万円もあれば十分に購入可能です。有名メーカーのパソコンでも、この程度の価格帯で売っているはずですよ。この価格帯だと、最低限のものしか入っていませんけどね。

この程度の価格で買えるので、古いものを無理して使うのなら、新しいものを買ってしまった方がいいでしょう。OSを新しく買うにも、それなりのお金はかかりますしね。

例えばDell だとこんな感じ

安いパソコンの具体例をあげましょう。Dell の個人向けパソコンだと、15.6インチのノートパソコンを39,980円で購入できます。興味があれば、実際に公式サイトで価格チェックしてみてください。


スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。