細かい節約なんて後回しにしよう│ まずは楽に出来る大物から

細かい節約をして、節約した気になっているそこのあなた。
そんな事しても、疲れるだけですよ。

節約法と言うと、細かいものを思い浮かべる人が多いと思います。
なぜなら、巷で耳にする節約法には、細かいものが多いからです。

例えば、次のような感じです。

・こまめに電源を抜く
・安い食材を積極的に使う
・スーパーに行く回数を減らす
・トイレで流す水を減らす

こういう節約法を否定する気はありません。
でも、正直に言って、効果は限定的ですよね。

仮に上に書いたようなことを全て実行したとしても、月々1万円節約することは難しいでしょう。
1万円浮かせる為に日々苦しい思いをする必要があるとすれば、長続きはしそうにありません。

ではどうすれば良いのでしょうか?

簡単で効果が大きいものから

大事なのは、簡単に出来て効果が大きいものからはじめる事です。
節約しようと思ったら最初に、楽に出来て大きく削れるものが無いかどうか、考えてみましょう。

具体的に言うと、保険や住宅費、車に関する費用などです。

一番わかりやすいのが、住宅ローンの見直しでしょう。
住宅ローンの借り換えで、節約できないかどうか検討するのです。

上手く行けば、違う契約に乗り換えるだけで、トータルで数百万円単位で返済額を減らせます。
そして、これをしたからと言って、生活のへの直接的な影響は全くありません。

車にかかる費用も見直す価値があります。
車を持たないという選択が出来れば、月々数万円を節約することが出来ます。

駐車場にかかる費用やら、車の買い替えの費用やら、保険やら税金やらがまとめて節約できますからね。

もちろん、この方法は誰でも使えるというわけではありません。
地方に住んでいる人で、車が足代わりになっているような地域なら車を持たないという選択肢は無いでしょうからね。

でも、都会に住んでいる人で、普段は電車で通勤通学する家庭なら、十分に検討できるでしょう。
休日しか車を使わないような家庭なら、必要なときにレンタカーを借りるというスタイルに変えてみてはいかがでしょうか。

大きく節約できる可能性は他にもある

とにかく、細かいことに手をつける前に、大きく節約できるものが無いか考えてみよう。
しかも、出来れば簡単にできるものを。

細かい節約をしたければ、その後に考えればいいと思います。

以下、具体的な節約法です。

生命保険の見直し

生命保険の見直しをすると、何百万円もの節約につながることも

生命保険の見直しをして、保険会社を乗り換えると大きな節約につながる可能性があります。
あるいは、不要な保険をやめてもいいでしょう。

生命保険はの保険料は、生涯で1千万円以上になることもあります。
と言う事は、10%節約できれば、トータルで100万円以上の節約になります。

自動車保険の見直し

自動車保険を見直すと簡単に節約できる

自動車保険を見直すことで、年間数万円単位で節約できる可能性がります。
しかも、見直し自体は非常に簡単です。

具体的に言うと、現在の加入条件で、損保各社から一括で見積もりを取るだけです。。
一括見積もりが可能なサイトがあるので、利用してみましょう。

簡単ですから試してみない手は無いと思いますよ。

老後対策をしつつ節税

知らなきゃ損だぞ!国が推奨する貯蓄の仕組み

老後のための貯蓄をしながら、節税ができる仕組みがあるのをご存知でしょうか。
なんと、毎年数万円程度の節税効果が期待できます

投資信託とか生保の年金保険を考える前に、検討すべき商品です。

[参考]確定拠出年金で老後資金対策+所得税の節約

車の保有をやめて節約

車の保有をやめることで節約が出来るかも

上でも書きましたが、自動車を持つことをやめると、大きく節約できます。
車を持たない代わりに、必要に応じてタクシーを利用したり、レンタカーを借りればいいのです。

車に執着がある人や、生活するうえで車が必要と言う人以外は、ぜひ検討してください。


タグ: , , , , ,

楽天カードがおすすめです

クレジットカードでは楽天カードがお勧めです。

●ポイント1

カード利用をするだけで最低でも利用額の1%分の楽天スーパーポイントが入ります。つまり、常に1%分の割引が受けられるということですね。

●ポイント2

楽天Edy のオートチャージが設定できるので、楽天Edy を使っている人には、さらに使い勝手が良いはず。楽天Edy を使った場合も100円につき1円分のポイントが貯まります。

●ポイント3

年会費が無料です。

スポンサードリンク

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。