取扱商品でネット証券を選ぶ

証券会社によって取り扱い商品が違う

証券会社というと、どこでも同じような商品を取り扱っていると思っている人も多いでしょう。

しかし、その認識は間違っています。

例えば、株式は大体どこの証券会社でも取り扱っていますが、投資信託の取り扱いが無い証券会社というのはたくさんあります。
また、投資信託を扱っていても、提供している投信の種類は証券会社によってまちまちです。

手数料の安い、優れた投資信託が、野村證券や大和証券などの大手の証券会社で扱われていないこともあるのです。

このような事情がありますから、投資の目的によって証券会社を選ぶのは大事なことです。

自分の投資目的にふさわしい商品を扱っている証券会社を探した上で投資するのです。
そうしないと、せっかく証券会社の口座を作ったのに、買いたいものが売っていないということになりかねません。

ネット証券で取り扱っている金融商品

ネット証券で取り扱っている金融商品には次のようなものがあります。
どういう組み合わせで投資を考えるかで、選ぶ証券会社も変わってくるわけです。

普通株
投資信託
ETF (上場投資信託)
海外ETF
確定拠出年金
米国株投資
中国株・インド株・韓国株など新興国に投資
REIT (不動産投資信託)
株式るいとう
ミニ株

ちなみに、幅広い商品を採りか使っているという意味では、SBI証券楽天証券がおすすめです。
株式投資をしたい人で、手数料にこだわるのなら、GMOクリック証券を選ぶのが良いでしょう。