米国株投資の問題点 取り扱いが多いネット証券会社も

米国株に投資

最近はネット証券を中心に、米国株に投資できる証券会社が増えてきました。
投資対象が増えるのは、もちろん良いことです。

しかし、問題点が無いわけでもありません。

情報の不足・遅れ

インターネットを使えば、リアルタイムでアメリカの情報を手に入れることが可能になりました。
その意味で、日本で投資をするから極端に情報が少ないということはなくなりました。

ただ、情報があったとしても、それを使いこなせないと意味はありません。
アメリカの情報は基本的には英語でもたらされます。

英語のニュースを読んで、それを理解する英語力が無いと、せっかくのニュースも無いのと一緒です。

残念ながら、平均的な日本人の英語力では、英語のニュースを理解して投資に役立てるのは難しい人が多いようです。
結果的に、情報が不足している、あるいは遅れているのと同じことだと思います。

日米の会計基準の違い

もう一つの問題点が、日米の会計基準の違いです。

これは真面目に財務諸表を読んで投資の検討をする人には大事な話です。
具体的には、次のページなどで日米の会計基準の違いの概要が説明されています。

企業活動の実態を見るのが難しい

国際的な企業の場合、日本に住んでいるから不利になるということは無いでしょう。
マイクロソフトやコカコーラのような企業世界的に知られている企業ですね。

しかし、まだ規模が小さい会社の場合はそうは行かないかもしれません。
日本に住んでいて、その会社を身近に見ることができないことが不利になる可能性があります。

小さな会社の成長力を期待するような投資は、少し難しいでしょうね。

特に、小売は不利になる可能性が大きいでしょう。
店舗や商品を実際に見ることができないことは、投資の決断を下す上では大きなマイナス要因です。

米国株に投資するためのネット証券会社

以上のデメリットを踏まえた上で、尚米国株に投資しようとする方もいらっしゃるでしょう。
実際、マイクロソフトやGoogle などの国際的な企業に投資する場合は、米国株に投資できる環境を作っておく必要があります。

米国株の取り扱いが多い証券会社は次の二つです。

まず、取り扱い銘柄が最も多いのは楽天証券です。
ここは楽天に買収される前は、DLJ direct SFG という外資系の証券会社でした。

その意味でも、米国株の取り扱いが多いのは納得がいくところです。

楽天証券の特徴は、こちらもご覧下さい。

ついで取り扱いが多いのがSBI 証券です。
ここももともとはE-TRADE 証券という外資系の証券会社でした。

SBI 証券の特徴は、こちらに整理して書いています。

あとは、 マネックス証券などですね。

ETF の購入という手も

米国株に投資する場合、日本と全く同じように投資するというわけにはいかないようです。
そこで次善の策として、米国市場に連動するETF や米国株に投資する投資信託を検討するのが現実的です。

取り扱いが多い証券会社の情報は海外ETF をご覧下さい。

スポンサードリンク