このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

ネット証券の選び方は何を基準にする?─最低でも3つのポイントをチェックしよう

ネット証券って、各社それぞれ、かなり特徴的なんです。

ネット証券を使ったことがない方はご存じないかもしれませんね。
1つの証券会社の口座だけを使っている方も、知らないかもしれません。

でも、本当に個性が強いんです。

ですから、ネット証券選びを間違うと、非常に面倒なことになります。
選んだ証券会社があわなくて、別の証券会社に口座を作って、資金を移動して…何てことにもなりかねません。

ネット証券選びは、ある程度慎重に行うことをおすすめします。

と言っても、それほど難しいことではありません。
次に紹介する3つを押さえておけば、大きな問題は無いはずです。

ポイント1:取扱商品は必ずチェックしよう

まず大事なのが、どんな商品を取り扱っているかです。

証券会社なんて、どこでも同じようなものを売っていそうですよね。
でも、実は、全く違うんです。

例えば、投資信託。
実は、大手のネット証券でも扱っていないところがあります

これはかなり意外だと思います。
この事実を知った時に、私自身も驚きましたから。

大手と言われるネット証券をあげると、SBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券、カブドットコム証券、クリック証券などの名前が挙がるでしょう。
この中で、松井証券とクリック証券は、投資信託の扱いがありません。

投資信託のような主力商品ですら、会社によっては扱っていないケースもあるのです。
注意が必要なのがわかっていただけるでしょう。

外国株や債券を買おうと思うと、さらに選択肢は少なくなります。

とりあえず、無難なところを選ぶなら、SBI証券楽天証券を選んでおくのが無難でしょう。
取扱商品の種類が圧倒的に多いです。

特に、SBI証券は、外国株や債券の取り扱いにも熱心です。
取り扱う投資信託の本数も多いですしね。

ポイント2:手数料にもこだわろう

2つめのポイントとして、手数料をチェックしましょう。

特に、売買の頻度が多い人は、手数料選びは大事です。
売買ごとに手数料が掛かるので、ちりも積もればと言う感じになります。

ちなみに、株式の売買手数料では、GMOクリック証券が一番安いように感じます。
各社手数料体系が違うので、単純比較はできないのですけどね。

投資信託でいったら、SBI証券でしょうか。
これを書いている時点では、自分のホームページ内で手数料が安いと言っています。

SBI証券の買付手数料は主要ネット証券最低水準!
※主要ネット証券:SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券
※買付金額100万円未満の比較

自分で書いているのだから、それなりの根拠があって書いているはずです。
金融機関が言っていることですから、信じても大丈夫でしょう。

正直に言って、手数料体系は各社違うので、単純比較が難しいです。

それでも、株式投資などはかなり手数料が違うので、可能な限りこだわるべきでしょう。
売買回数が多い人は、特にね。

ポイント3:画面の操作がしやすいネット証券を選ぶ

ネット証券を使うと、パソコンの画面だけを見て売買の注文を出すことになります。
となると、システムの使いやすさはかなり大事な要素です。

と言われても、使ったことがないのに操作がしやすいかどうかなんてわからないですよね。

そこで、客観的な情報を利用しましょう。

オリコンではでは、ネット証券の顧客満足度調査をしています。
そこに、「HPのわかりやすさ」というランキングがあります。

これを参考にすれば良いでしょう。

ちなみに、2011年の調査によると、上位3つはSBI証券GMOクリック証券、松井証券の順なのだとか。

http://life.oricon.co.jp/rank_certificate/id_03.html

まとめてみましょう

3つのポイントを挙げて、ネット証券の選び方をご紹介しました。
この3つを押さえておけば、後悔する確率はかなり小さくなるでしょう。

どうも今回挙げた基準でいくと、総合的にはSBI証券、株式投資に限定すればクリック証券という感じになりそうですね。
まあ、個人の実感としても、悪くない選択だと思います。

SBI 証券は私が使っているネット証券の一つですが、確かに画面はわかりやすいと思います。
それに、投資信託の品揃えの多さにも満足しています。

個人的には利用していませんが、債券や外国株なども魅力的です。

クリック証券は利用したことがないのですが、その手数料体系をはじめてみたときには、正直、驚きました。
株式売買の回数が多い人なら、絶対にお得だとお思います。

他がダメだとは全く思いませんし、個性的な商品を扱っているカブドットコム証券のような存在も貴重だと思います。
でも、無難に選ぶとなると、SBI証券とクリック証券と言う感じなのでしょう。

スポンサードリンク

とりあえず一つ選ぶならSBI証券

小さいものまで含めると、日本にはたくさんのネット証券があります。そんな中で、一つを選ぶのはとても難しいことです。

ネット証券選びは意外と重要なことです。手数料も取り扱う商品も、各社ぜんぜん違いますからね。本来は時間をかけて選ぶべきでしょう。

ただ、ネット証券を選ぶのにそんなに時間をかけていられないと言う人も多いはずです。そんな人は、SBI証券を選んでおくのが無難かもしれません。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。