このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

ネット証券では1,000円からの投信積立がスタンダードに…そうなるとSBI 証券が有利かな

投資信託を1,000円から積立られるというプランが、ネット証券ではスタンダードになってきたようです。

この1,000円積立サービスは、楽天証券やカブドットコム証券が先行していました。
しかし、現在ではSBI 証券や、マネックス証券でも既に対応済みのようです。

小口で積立てられると言うのは、分散投資を考えたときに非常に便利です。

例えば、A投信に6,000円、B投信に3,000円、C投信に4,000円といった感じで、低予算で複数ファンドに投資ができるからです。
しかも、各ファンドの購入額の比率を、自由に調整することが出来ます。

ですから、この流れは私達個人投資家にとって、素晴らしいことといえるでしょう。

しかし、各社横並びとなると、1,000円積立はネット証券選びの決定的なポイントにはならないということです。
それでえは投資信託の積立をするときには、何を基準に証券会社を選べば良いのでしょうか?

手数料に関しても、各社最低水準で横並びですし、なかなか選ぶのが難しいところだと思います。

積立可能な投資信託には結構な差が

そうなると個人的には、積立可能な投資信託の本数が重要ではないかと思います。

マネックス証券の場合、さっき数えてみたところ、積立可能な投資信託の本数は200本ちょっとでした。
それに対してSBI証券では、1,000本以上の投資信託の積立が出来ます。

マネックス証券の証券の200本が少ないとは思いませんが、1,000本あるSBI 証券を選ぶのは当然の流れでしょう。

何か積立てたい投資信託があったときに、SBI証券が取り扱っている可能性が高いのですから当然ですよね。

投資信託の積立に関しては店舗型の証券会社は論外

ちなみに、店舗型の証券会社は、投信の積立にはそれほど積極的ではないようです。

私の知る限り、野村證券がかなり積極的にやっていますが、今数えたところ60本くらいしか取扱は無いようです。
数え方によっては、100本くらいになるのかもしれませんが、それでも、ネット証券よりも明らかに本数が少ないのです。

また、積立てるには1つの投資信託に付き1万円からしか受け付けていません。
ということで、利便性の点からも、劣っているといえます。

もっとも、彼らは富裕層を相手にしているでしょう。
1万円からでも問題は無いのでしょうけどね。

そして、おそらく、販売手数料と言う証券会社に入る手数料も、ネット証券に比べて高めに設定されているものと思われます。

客観的に判断すると、店舗型の証券会社を選ぶ理由は無さそうです。

SBI 証券のサイトによると、SBI 低コストだそうです

上に「各社最低水準で横並び」と書きましたが、SBI 証券によると「だんぜんSBI証券」なのだそうです。

低コストファンドを選ぶならだんぜんSBI証券!

SBI証券の買付手数料は主要ネット証券最低水準!
※主要ネット証券:SBI証券、楽天証券、マネックス証券、カブドットコム証券
※買付金額100万円未満の比較

どういうふうに調査したかは分かりませんが、まあ、信じて大丈夫でしょう。
信用が命の金融機関では、誇大広告はしにくいでしょうから。

SBI証券

スポンサードリンク

とりあえず一つ選ぶならSBI証券

小さいものまで含めると、日本にはたくさんのネット証券があります。そんな中で、一つを選ぶのはとても難しいことです。

ネット証券選びは意外と重要なことです。手数料も取り扱う商品も、各社ぜんぜん違いますからね。本来は時間をかけて選ぶべきでしょう。

ただ、ネット証券を選ぶのにそんなに時間をかけていられないと言う人も多いはずです。そんな人は、SBI証券を選んでおくのが無難かもしれません。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。