このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

株式投資の初心者向けの本…だけど、初心者が読むと心を折られるでしょう

東大生が本気で考えた! 勝ち抜くための株の本

株式投資の本の紹介です。
悪い本ではないと思うのですが、ちょっと微妙な感じもする本です。

タイトルとか装丁とか散りばめられたイラストなどを見る限り、株式投資の初心者を対象にした本でしょう。
でも、初心者が読むと「株式投資はやっぱり止めておこう」と思うに違いありません。

というのも、初心者向けの本との割には、投資分析がかなり本格的だからです。
株でもちょっと買ってみよう思っているだけの人が読んだら、かなりの確率でチンプンカンプンに感じるはずです。

そして、株式投資を断念するでしょう。
あるいは、違う本を買ってみようと思うかもしれません。

誰に向けて書かれた本かはちょっと謎

確かに、前半は株式投資の基本的な知識の説明に使われています。
これを読んで、基礎的な知識を身につけるのは、それなりに意味があるでしょう。

しかし、後半の投資分析をしている部分は、明らかにレベルが違っています。
かなり細かく専門的に、投資分析をしているのです。

初心者が読んだら、こんなに詳しく調べなければならないのかと、絶望的な気分になるはずです。
自分ではこんなに詳しく調べられないと思うでしょう。

いや、もしかしたら、書いてあることがほとんど理解できないかも。

想定する読者は、前半の基礎知識の部分を学ばなければならない人のはずです。
そうすると、後半の分析もそれにあわせなければ、本としての一貫性がありません。

「結局、誰のための本なのか?」と言うのが、読み終わったときの率直な疑問でした。
「せっかく本にするのだから、色々書きたい」と言う気持ちが働いたのかもしれません。

学生達からすれば、無理からぬところでしょう。
でも、そこは編集者が軌道修正させないとね。

個人的には、まともに勉強もしない素人が、いきなり株式投資をするのは危険だと思っています。
そういう人は、投資信託でも買っておいた方が良いと思うのです。

ですから、軽い気持ちの初心者にあきらめさせると言う意味では良い本かもしれません。
でも、薬が効きすぎな気もします。

短期売買を考えている人なら役に立つ後半部分

後半の投資分析は、比較的短期で売買する事を前提に議論されているようです。
著者の立場を考えれば当然かもしれません。

というのも、学生の投資クラブということを考えると、長期投資は難しいはずです。
短期の投資が中心になるのは、致し方ない部分はあるでしょう。

長期投資をしてそれを検証するには、学生の4年間だけでは期間が短すぎます。

ちょっと危険だと思うのは、読者に「株式投資は数週間とか数ヶ月でするものだ」と、誤った印象を与える可能性はあるかもしれません。
投資期間は人それぞれだというメッセージは、どこかに入っていても良かったでしょうね。

分析自体は悪くないと思うので、数週間とか数ヶ月単位の売買をして見たい人には参考になる部分も多いでしょう。
丁寧に分析、議論していると思います。

ただ、結果的に予想が上手くいった例を集めてきている感は否めません。
「丁寧に分析しても、結果的に失敗しました」という例があったらもっと勉強になるのではないかと思います。

実際やってみたら、予想通りにならなかったと言う例も、相当多いはずですからね。

メディアに流されない、数字で考えると言う姿勢は見習うべき

彼らが投資のルールとして定めている5ヶ条があるのですが、そのルールのうち次の部分は私達も見習うべきでしょう。

●自分で考え、自分で調べろ!
●数字に落とし込め!
●情報を鵜呑みにするな!

この本の後半の投資分析を読めば、彼らの定めた5つのルールを守っている姿勢は読み取れると思います。
そして、上に紹介した3つは、どんな投資をする人でも大事なことでしょう。

ただ、自分で考えて、数字に落とし込むには、それなりの知識と頭と時間が必要です。
誰にでも出来ることかというと、ちょっと疑問です。

上の3つを守る事を法律で義務付けたら、おそらく株式投資をする個人投資家の数は2割とか3割に減るでしょう。
それはそれで、株式市場には困ったことかもしれません。

ちなみに、5ヶ条のうちの残りの二つは「まわりの目線にたって考えろ!」「利確と損切りを徹底しろ!」だそうです。
これに関しては、投資期間とか考え方によって、採用するかどうか意見が分かれるルールだと思います。

無批判に従うのは良くないかな。

東大生が本気で考えた! 勝ち抜くための株の本

スポンサードリンク

とりあえず一つ選ぶならSBI証券

小さいものまで含めると、日本にはたくさんのネット証券があります。そんな中で、一つを選ぶのはとても難しいことです。

ネット証券選びは意外と重要なことです。手数料も取り扱う商品も、各社ぜんぜん違いますからね。本来は時間をかけて選ぶべきでしょう。

ただ、ネット証券を選ぶのにそんなに時間をかけていられないと言う人も多いはずです。そんな人は、SBI証券を選んでおくのが無難かもしれません。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。