マーケティングというのは一言で言うと、物を売る仕組みを考えること

マーケティングという言葉ほど、知名度の割りに正確に理解されていない言葉も珍しいでしょう。マーケッティングというのは、市場調査だと思っている人が、かなり多いはずです。

しかし実際は「マーケティング」というのは市場調査をすることではありません。正確に説明するとなるとなかなか難しい概念なのですが、あえて簡単に言うと「ものを売る仕組みを作ること」です。どうやってものを売るかを考えるのが、マーケティングだといっていいわけです。

ただ、物を売る仕組みを作ろうと思っても、必ずしもうまくいくわけではありません。マーケティングの一環としてやっているのだと思われることでも、それが逆に消費者に不快感を与えるようなケースも少なくないようです。

例えば個人的には、DMなどだとムカつくものも多いです。自分でお金を払って、会社の悪いイメージをばらまいているだけということもあるわけです。

コンテンツ

一生もののお金の知識を身につけよう!

お金の知識は、すべての人に必要な知識です。しかも、一生ものなんです。

でも、難しいのが、何から手を付けたら良いかでしょう。お金の知識と言っても範囲が広すぎるので、どこから始めたら良いか分からないわけです。

そんな人におすすめなのが、ファイナンシャル・プランナーの知識です。FPと言われてるやつですね。

とりあえず、ファイナンシャル・プランニング技能検定の3級レベルの知識だけでも身につけておくと、日常生活でもかなり役に立ちます。わざわざ資格を取る必要は無いと思いますけどね。

率直に言って、これだけで十分とは言えません。でも、知らないよりはずっと合理的な判断ができるはずです。

ちなみに、ゼミネットというサイトを使うと、9,000円で20時間分の講義動画を繰り返し見ることが可能です。とりあえず、お金の知識を身につけたい人は、ぜひ使ってみてください。

あ、もちろん、興味があれば資格にチャレンジしてみるのも悪くないと思います。3級なら特に受験資格も必要ありませんし。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

コメントをどうぞ