マーケティングというのは一言で言うと、物を売る仕組みを考えること

マーケティングという言葉ほど、知名度の割りに正確に理解されていない言葉も珍しいでしょう。マーケッティングというのは、市場調査だと思っている人が、かなり多いはずです。

しかし実際は「マーケティング」というのは市場調査をすることではありません。正確に説明するとなるとなかなか難しい概念なのですが、あえて簡単に言うと「ものを売る仕組みを作ること」です。どうやってものを売るかを考えるのが、マーケティングだといっていいわけです。

ただ、物を売る仕組みを作ろうと思っても、必ずしもうまくいくわけではありません。マーケティングの一環としてやっているのだと思われることでも、それが逆に消費者に不快感を与えるようなケースも少なくないようです。

例えば個人的には、DMなどだとムカつくものも多いです。自分でお金を払って、会社の悪いイメージをばらまいているだけということもあるわけです。

コンテンツ

スポンサードリンク

コメントをどうぞ