このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

手数料が安い生命保険会社を探す?定期保険の保険料比較が良い!

私達が支払う生命保険の保険料には、手数料が含まれています。専門的な言葉を使うと、付加保険料といいます。

この生命保険の手数料というのは、あなたが思ってているより、おそらく高いものでしょう。掛け捨ての保険だと5割近い手数料を取られるケースも珍しくは有りません。つまり、私達が支払った保険料の半分は手数料に消えていくこともあるわけです。

もちろん保険会社を経営する上で、高い手数料が必要だというのなら、致し方ない部分もあるでしょう。でも、必ずしもそうとも言えないようです。

なぜなら、生命保険の手数料は、生保会社によってかなりの開きがあるようなのです。つまり、ある程度安くしてもやっていけるところがあるということです。逆に言うと、手数料が高い所は、経営の効率が悪いだけなのかもしれないのです。

手数料が直接比較できれば話は簡単だが

生命保険会社が取っている手数料を直接比較できれば、話としては簡単です。手数料が安いほうから何社か選び、その中から保険を決めれば良いのです。

でも、話はそこまで単純ではありません。なぜなら生保各社は、保険料の中の手数料の割合を公開していないからです。

唯一公開しているのが、ライフネット生命というネット生保です。ここは保険料が安いことで知られている生保会社です。ですから、堂々と手数料を公開できるのでしょう。

ただ、ライフネット生命の手数料を見ても、保険料に対して2割とか3割程度の手数料は取られています。ということは、保険料の差を考えれば、他社の手数料が相当高いのはほぼ確実です。1

というのも、保険各社は基本的には同じ保険数理の理論で保険料を計算しています。ですから手数料に大きな差がなければ、ここまで保険料の差が開くはずがないのです。

ただ、手数料の情報は非公開です。細かい手数料の違いは、なかなか私達にはわかりません。手数料を比べる良い方法はないのでしょうか。

定期保険のシミュレーションを使ってみたらどうだろうか

生保各社の手数料の違いを知る方法はないものでしょうか。一つ方法があるとすれば、各社のサイトにあるシミュレーションツールを使うことです。このツールを使って、定期保険の保険料を比較します。

比較するのが定期保険であるのが、ここでのポイントです。定期保険はシンプルな保険なので、期間と保険金をそろえた場合、保険料の差はほとんど手数料の差だと考えられるのです。10年間の保障で保険金が1,000万円、特約は無しなどとして、条件をそろえて比較すれば良いわけですね。

ここでの保険料の差が、保険会社の手数料に関するスタンスの差だと理解してしまって良いでしょう。定期保険は手数料が高いのに、医療保険だけは手数料が安いなんて事は、普通はしませんからね。

あ、ただ一部の会社では、学資保険だけ手数料を安くしているなんてこともあるようですけどね。顧客集めのキャンペーン的に学資保険を使っているのです。

ただ、学資保険はシェアが小さい、言わばマイナーな保険です。主力商品である定期保険や医療保険などで極端な料金体系を取るとは考えにくいのです。

医療保険で比較しない理由

手数料を推測するのに、定期保険を使って医療保険を使わない理由のはなぜでしょうか。医療保険も定期保険同様、サイトでのシミュレーションが用意されていることが多い保険です。医療保険で比較しても良さそうですよね。

その理由は、実は、医療保険は各社の差が非常に大きいのです。ですから、定期保険のように近い条件で比較というわけには行かないのです。会社ごとの個性が強い保険と言っても良いでしょう。

そんなわけで、シンプルで各社の差が小さい定期保険で、手数料を推測するのが正しいと考えました。これで手数料の安い生命保険会社を探してみてください。


  1. 生命保険の手数料がいかに高いかの証明だよね []

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険の診断ツール

保険マンモスのサイトでは、生命保険・医療保険の簡易診断ツールを提供しています。しかも、凄く簡単でほとんど時間も手間もかかりません。

個人情報の入力も不要です。あなたとあなたの一家に必要な保険をチェックしてみてください。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。