このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

地震保険の保険料が15%の値上げへ| 言ったら悪いけど利用する価値がますます小さくなるね

時事通信によると、政府と損保業界は、地震保険の保険料を平均で15%程度上げる方向で検討しているのだそうです。東日本大震災で懐事情が厳しいのが最大の要因のようですね。

記事には補償の引き上げに関することは書かれていません。ということは、補償はそのままで保険料だけ値上がりするということでしょうか。率直に言って、消費者にはマイナスなニュースと言えるでしょう。

ちなみに、引き上げが行われるのなら、来年の上期ということです。まだ検討段階なので、今後の動向が気になるところですね。

地震保険の補償はそもそも不十分

このサイトでも何度か書いていると思いますが、そもそも地震保険お補償は中途半端なものです。地震が原因で前回だったとしても、立て直す費用の全額は地震保険からは出ないのです。具体的な数字を挙げると、最大でも火災保険の保険金額の5割です

保険事故により失ったものを再取得できない損害保険に、それほど意味があるとは思えません。すごく中途半端なんですよね。

さらに保険料が上がると成ると、地震保険の存在意義って何なのかと疑問に思ってしまいます。中途半端な額しか出ないのなら、貯金にでもまわしたほうが良いケースもあるかもしれません。

もちろん、損害の全額を補償することにすると、保険料が高くなりすぎるのでしょうけどね。まあ、中々難しいところですね。

民主党政権の時には補償の見直しも考えられていた

ちなみに、民主党が政権をとっていた時代には、補償の見直しも考えられていました。ただ、今回のニュースを見る限り、そういうことは無さそうです。

補償の見直しなんてしたら、さらに保険料を上げないといけないでしょう。とてもではないですが、そんなことは無理だった可能性もありそうですね。

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。