このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

自動車保険の平均は1台あたり年間約7万円│ただ、平均なんて気にしても仕方が無いよ

何かそれなりに大きな支出があるときに、どうしても気になるのが平均値です。自動車保険でも、当然気になりますよね。年間数万から十数万円程度の支出ですから。

そこで、比較的新しいデータをもとに、自動車保険の1台あたりの保険料平均を求めてみました。

実は、以前、保険料の平均を考えてみたことがあります。ただ、そのときにはいいデータが見つけられず、正確なところがわかりませんでした。古いデータでしたし、世帯ごとのデータしかなかったのです。

でも今回、なかなか信頼できるデータを見つけました。私の中でも、もやもやしていた疑問がすっきりしました。

平均は大体7万円

損害保険料算出機構というところは、毎年自動車保険に関する統計を発表しています。それの統計を見ると、自家用乗用車(普通)の契約台数と保険料がわかります。

契約台数: 13,491,136台
保険料合計: 951,710,059千円

ここから1台あたりの保険料平均7万0,543円と求められます。約7万円というところですね。1ヶ月あたりになおすと6,000円くらいとい感じでしょうか。これが、家庭用の普通自動車の平均値です。

ちなみに、平成22年のデータをもとに、平成23年にまとめたものです。

自動車保険においては、平均を気にしすぎるのは意味が無いこと

今回はデータが新しく、統計調査をしているところもちゃんとした組織です。ですから、そこから計算した平均値はかなり信頼できるものと言えるでしょう。

でも、自動車保険に関しては、平均を気にしすぎるのはあまり意味がありません。というのも、年齢や補償内容などによって、保険料がぜんぜん違うからです。

例えば、未成年者あるいは20歳代の前半というだけで、保険料はかなり高くなります。そういう人が平均と比べても、あまり意味は無いですよね。標準的な補償内容で比べれば、平均よりも高いのは目に見えていますから。

補償内容に関しても同様です。例えば、車両保険を付けているかどうかで、保険料はぜんぜん違います。そういったものをひっくるめた平均と比べても、大して意味はありません。

まあ、隣の家の様子を知っておきたいという気持ちは、十分に理解できますけどね。私も日本人ですし。

同じ条件で各社の比較をするほうが大事

上に書いたように、自動車保険で平均を求めるのは、あまり意味がありません。それだったら、各社から見積もりを取って、価格の比較をしたほうが良いでしょう。こうすれば、自分の条件の中で、各社の平均を知ることができます。

ちなみに、自動車保険には、一括見積もりが取れるサービスが存在します。補償条件を変えて、補償を変えた場合の見積もりも比較できますしね。興味がある人は、試してみてください。

自動車保険の見積もりが一括で取れるサービス

保険スクエアbang! 自動車保険
インズウェブ保険の窓口 自動車保険

自分の条件での相場が知りたい人は試してみてください。

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


タグ:

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。