このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

自動車保険の車両保険はつけるべきなのか?│ 落ち着いて考えると要らない人も多そうだよ

自動車保険の車両保険をつけるかどうかは、悩んでいる人も多いようです。
というのも、車輌保険をつけるかどうかで、保険料が大きく違うからです。

車種などによって保険料が違うので一概には言えませんが、これをつけるかどうかで数万円の差はつきます。
ですから、自動車保険には入っていても、車両保険はつけていない人も多いでしょう。

車輌保険はつけないといけないものなのでしょうか?
あるいは、つけなくても何とかなるものなのでしょうか?

掛捨て保険は基本的に「損」をする

このサイトで繰り返し書いていますが、民間の掛捨て保険と言うのは基本的に「損」をする商品です。
損と言うのはどういう事かというと、私達が保険会社に支払う保険料の総額よりも、私達が受け取る保険金の総額が小さいと言う意味です。

つまり、次のような関係が成り立っています。

加入者全員が払う保険料 > 加入者全員が受け取る保険金

こういう関係が成り立つ理由は、保険会社が手数料としてかなりの額を抜くからです。
保険会社の取り分を考えれば、この関係は当然と言えば当然の事です。

さて、この関係を前提に置くと、掛捨ての保険には出来る限り入らないのが合理的な判断となります。
基本的に「損」をする契約なのですから、入らないほうがいいのは当然です。

これは大事な事なので、ぜひ覚えておいてください。

掛捨て保険が必要なケースもある

ただ損をするからと言って、全く保険が要らないというわけではありません。
入っておいたほうが良い保険と言うのも存在します。

それでは、どういう場合に民間の保険に入るべきなのでしょうか?
それは、万が一の事故が起きたときに、個人では経済的に対応できないような場合です。

例えば、自動車保険の対人賠償保険には、絶対に入るべきです。
なぜかと言うと、車の運転で人が亡くなった場合、賠償額が億を超える可能性があるからです。

もちろん普通の家庭では、そんな賠償金は払えません。
ですから、「損」な契約であることを理解した上で、保険を利用します。

一方で、医療保険はあまり必要性が高いとは言えない保険の一つです。

マスコミが与えるイメージとは違い、日本の公的な健康保険は非常に充実しています。
ですから、ある程度の預貯金があれば対応可能なのです。

自動車保険の車両保険はどうなのだろう?

さて、この観点で考えると、自動車保険の車両保険の必要性にはちょっと疑問を感じます。
人によっては、入らなくても良いのではないかと思うのです。

次ページへ続く


一括で自動車保険が取れるサービスを利用しても、自動車保険の保険料を安く出来ます。

インズウェブで自動車保険の一括見積
保険スクエアbang!

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。