このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

火災保険を売るためにアポなしで訪問する真意は?

火災保険の営業が、アポなしでやってきました。
でも、火災保険でアポなし訪問って、採算が取れるのでしょうか?

何か違うものでも売りたいのかなあ?

私事ですが、まもなく自宅マンションの火災保険が切れます。
それにあわせて、前の契約した損保代理店が、更新の見積もりを送ってきました。

その後、自宅にも電話営業をかけていたようです。
留守電にメッセージが入っていました。

まあ、このあたりまでは、予想できるところですね。
驚いたのはここからです。

何と、保険の営業が自宅にまでやってきたのです。
しかも、アポも取らないで。

突然の営業は面倒なものです。
それ以上に、チャイムを立て続けに3回連打された事にもイラッとさせられました。

正直に言って、非常に不愉快な思いをしました。
ですから今回は、この会社と契約する事はないでしょう。

アポなし訪問なんて採算が合わない気がするんだけど

さて、それはさておき、火災保険の契約を取りに、アポなしで訪問するなんて事があるのですね。
ちょっと驚きました。

よほどの豪邸を除いて、火災保険の保険料なんてたいしたことはありません。
そのうち、保険会社の取り分はごく一部です。

せいぜい半分くらいでしょうか。

保険代理店の取り分は、そのまた一部です。
そう考えると、個別の家庭を訪問なんて、割に合わないはずです。

さらに言うと、アポなしだと空振りの可能性も高いですよね。
どう考えても、採算が合わない気がします。

中古物件だと、代理店にはほとんどメリットがないのでは?

新築物件なら契約年数も長く、トータルの保険料もそれなりの額になります。
住宅ローンの返済期間と対応させるので、20年とか30年の長期の契約が取れるでしょう。

でも古い物件だと、そんなに長期の契約は難しいですよね。
建替えの可能性なども出てきますから。

長くても10年くらいでしょうか。
3年とか5年程度ということも多いはずです。

そうなるとトータルの保険料は、高めに見積もっても10万円以下でしょう。
そこから発生する代理店の取り分は、ほんのわずかです。

やっぱり、この契約のためにアポなしで訪問するのは理由がわかりません。

次ページへ続く


■ 次ページ 火災保険をきっかけに違う保険が売りたいのかな

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険の診断ツール

保険マンモスのサイトでは、生命保険・医療保険の簡易診断ツールを提供しています。しかも、凄く簡単でほとんど時間も手間もかかりません。

個人情報の入力も不要です。あなたとあなたの一家に必要な保険をチェックしてみてください。

スポンサードリンク


タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。