このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

保険に入るなら、価格の比較は絶対にしよう


■ このページは 生命保険の手数料がいかに高いかの証明だよね の続きです
一覧


ところで、そんな割高な大手生保の保険に、未だに入る人が多いのはなぜなのでしょうか?

大手生保はブランド力があって、それが有利に作用しているというのは一つの説明でしょう。
保険には安心を求める人も多いでしょうから。

もう一つ大きいのが、大手の生保の主力商品が複雑であるからでしょう。
本来は単純なはずの保険が、複雑な形にされているので、他社との保険料の比較がしにくくなっているのです。

複雑というのは、複数の保障をセットにして売っていたという意味です。

外資系や損保系は、一つ一つの保障を個別に売ることが多いようです。
ですから、比べようと思っても比べにくいわけです。

例えば以前は、大手生保は医療保険を単独では売っていませんでした。
死亡保険の特約としてしか買えないようにしていたのです。

あるいは死亡保険でも、単純な終身保険や定期保険ではなく、定期付終身保険を中心に販売していました。
定期付終身保険というのは、終身保険と定期保険をセットにした商品です。

こういう抱き合わせ商品を中心に顧客に勧めているので、シンプルな保険との比較がしにくかったわけです。

価格の比較をしにくくする為に、意図的にこういう売り方をしたのかもしれません。
あるいは、客単価を上げようと思って、特約を色々つけさせたのかもしれません。

どちらにしても、割高である事に気づきにくい商品が主力でした。

保険の価格を事前に調べよう

生命保険というのは、保険会社による価格差が意外に大きい商品です。
ですから、一つの会社からしか見積もりを取らないというのは、絶対に避けるべきです。

複数社から見積もりを取り、比較検討しましょう。
そして、そのときには、外資系や損保系などからも見積もりを取るのが肝心です。

複数の大手生保から見積もりを取っても、あまり意味はありません。

さらに言うと、保険は単純なものにすべきでしょう。
特約が色々ついた保険は、価格の比較がしにくくなります。

それに、特約で色々つけるよりも、必要な保険を必要な分だけ契約するほうが、柔軟性を持たせることができます。

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


タグ: , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。