このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

本当に必要な保険かどうか見極めよう│ 保険会社の取り分を考えると、保険は出来るだけ使わない方向で考えよう


保険会社の取り分を考えると、保険は出来るだけ使わない方向で考えよう の続きです


例えば、交通事故で人を死なせてしまったとします。
こういうケースでは、過去の事例を見る限り、億単位の賠償をしないといけないかもしれません。

こうなったら、自賠責では対応できません。
自賠責は3000万円までしか面倒を見てくれないからです。

当然、貯金で払うことも不可能でしょう。

ですから、自動車保険と火災保険は、必須だと言えるのです。

生命保険はケースバイケース

生命保険も同じ理屈です。

生命保険は通常、夫が突然亡くなる事に備えます。
残された家族の生活費を準備するのです。

ただ、夫が突然亡くなるようなケースでは、公的年金の遺族年金からお金がもらえる可能性も大きいです。
また、残った住宅ローンなども、夫の死亡により払わなくてもよくなる可能性も大きいです。

ですから、持ち家の有無や家族構成などによっては、必ずしも保険に入る必要がありません。
生命保険の保険料を払うなら、将来に備えて保険料と同額を貯蓄にまわすほうがいいケースも多いでしょう。

保険会社に不安を煽られて、生命保険に入ると言う事は避けたいものです。

医療保険は要らないケースが多い

医療保険に関しては、基本的に不要と考えていいと思います。
日本の健康保険の制度は、かなり充実しているからです。

まず、年間の医療費の上限は決まっています。
その上に、サラリーマンなら、働けない期間には現金の給付もあります。

民間の保険に入る必要性は、ほとんどありません。

医療保険が必要な人をあえて挙げれば、自営業をしている人たちくらいでしょうか。
自営業の人たちも、ケースバイケースですけど。

貯蓄性の保険は、他の金融商品と比較して

最後の学資保険と個人年金に関しては、貯蓄商品と言う性格が強い保険です。
貯蓄商品ですから、全ての投資商品の中から、いいものを選ぶのがいいでしょう。

少なくとも、必要な保険とは言えません。
また、他の金融商品と比較すると、これらの保険を選ぶ理由もほとんどありません。

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


タグ: , , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。