このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

保険会社の取り分を考えると、保険は出来るだけ使わない方向で考えよう

任意の自動車保険の保険料の4割は、保険会社の取り分です。
確率的な損得だけで考えると、保険はとても損な商品ということです。

損なことが分かった上で、必要な保険に入るのは大事な事です。
しかし、保険に入らないで済むのなら、入らないのが賢明な選択と言えます。

保険の基本的な考え方は、次のようなものです。

みんながお金を出し合い、それを原資に困った人にお金を配る

生命保険だろうと、公的な年金だろうと、自動車保険だろうと、雇用保険だろうと、この基本はかわりません。
みんながお金を出し合って、助け合うと言うのが基本コンセプトです。

しかし、実際に保険という仕組みを動かすには、かなりのコストが掛かります。
そのコストを考慮すると、みんなが出し合ったお金のかなりの部分は、運営している組織がもって行くことになります。

公的な保険の場合、運営にかかわるお金は税でまかなわれている事が多いです。
しかし民間の保険の場合、運営コストは私達が払う保険料から、ごっそりと抜かれてしまうのです。

今回は、どの程度が保険会社の取り分になるのか、ご紹介しようと思います。

任意の自動車保険を例にとって見ましょう

今回は、たまたま資料をみつけた、任意の自動車保険について考えて見ましょう。
具体的に言うと、損害保険料率算出機構と言うところが出している、自動車保険の概況(平成23年版)という冊子を見ました。


■ 次ページ 4割は保険会社の取り分

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。