このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

生命保険の相談は誰にしよう?

生命保険の相談は誰にするのがいいのでしょうか?
独断で順位をつけてみました。

多くの人は、自分で独りで生命保険を選ぶ事ができません。
残念な事ですが、これは動かせない事実です。

なぜ生命保険を選べないかというと、そのために知らなければいけない知識が多すぎるのです。
具体的に言うと、生命保険の商品知識に加え、社会保険の知識や税の知識、生命保険以外の金融商品の知識なも必要です。

さらには、相続の知識やなどもあった方がいいでしょう。

保険や金融を仕事としている人以外が、これらの知識を身に着けるのは難しい事です。
ですから人に相談し、アドバイスをもらうのが現実的なのです。

そこで、生命保険の相談を誰にするのがいいのか、個人的なランキングをご紹介したいと思います。
初めて生命保険を選ぶ時や、保険の見直しをするときの参考にしてください。

保険を誰に相談するか

第1位:保険知識のあるFPなどによる有料相談
第2位:保険知識のある家族や友人に相談
第3位:複数の保険会社の商品を扱う代理店の無料相談
第4位:保険会社の営業や一社のみの保険を扱う代理店の無料相談
第5位:保険知識の無い家族や友人によるアドバイス

上の順位の根拠

なぜ上のような順位になったのか、簡単に説明しましょう。

まず大事なのは、保険に入らない事も含めて提案が出来るかと言う点でしょう。
本当に顧客のためを思って相談にのれば、保険に入らないのがベストというケースも多々あります。

その点で、第3位と第4位の人たちは、問題ありと言わざるをえません。
彼らの仕事は保険を売る事ですから。

そういう人たちは、本当に顧客のためを思って相談にのることはできないでしょう。

第1位と第2位の順位は迷うところです。
幅広い知識を持っている可能性が高いと言う意味で、FPの有料相談を1位にしました。

上にも書きましたが、保険を見直すには、保険の知識だけでは不十分なのです。

家族や友人に、保険の知識を持っている人を探せる確率は高いでしょう。
しかし、その他の幅広い知識となると、なかなか難しそうな気がします。

相談にのる人の資質によるけどね

一応上のような順位をつけましたが、相談に応じる人の能力や資質、状況などによって順位は大きく変わるはずです。

例として、保険の知識を持った家族や友人に相談する場合を考えてみましょう。
相談に乗ってくれる家族や友人が、あなたに保険を売るつもりだった場合、いい相談相手と言えないかもしれません。

こういう場合、顧客の立場に立って相談に乗ることは難しくなるはずです。
単なる営業活動の一環ですからね。

必要以上に保障の手厚い、保険料の高い保険をすすめてくる可能性も考えられます。
あるいは情に訴えて、契約を強く迫られる可能性もありますよね。

さらに言うと、知識があると思っていた友人が、思ったほど知識が無い可能性もあります。
保険の営業の中には、自社の商品知識しか持っていない人もいるものです。

また、保険業界に毒されている可能性も。
業界に染まって、保険に入る事はいい事だと思い込んでいる人も、少なからずいます。

こういう人に相談するのは、はっきり言ってマイナスです。
相談なんてしないほうが、よほどマシでしょう。

ということで、上のランキングは、一つの参考と言う事で考えてください。

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。