このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

生命保険の有料相談のコスト FPに生命保険の相談

FPに生命保険の相談をするのは賢明な選択なのだろうか?

ここまで書いてきたように、
◆保険はFPに相談するのが望ましい
◆FPに相談に乗ってもらうなら、有料の保険相談がいい

というのが私の考えです。

ところで、FPに相談に乗ってもらう場合、具体的にどの程度の費用がかかるのでしょうか?
こういうのはなかなかイメージがしにくいのではないかと思います。

でもコストの問題は大事ですよね。
あまりに高いのなら、相談をしたくてもためらってしまいます。

FP事務所や担当FPによってばらつきは大きそうです

実際のところ、相談料はFP事務所によってまちまちです。
1時間あたりの単価で言うと、5,000円から1万円程度というところが多いでしょう。

また、相談にどの程度時間がかかるかも、相談するFPによってまちまちでしょう。
深く話を聞く人なら、意外と時間がかかるかもしれません。

まあ、どんなに短くても、1時間で相談が終わる事はないでしょう。
1時間のセッションを2回から3回程度は行う必要があるはずです。

ということは、一番費用が小さいケースは、相談時間が2時間、時間当たりの単価が5,000円という感じでしょう。
ですから、安くても1万円程度は覚悟しないといけません。

相談時間の長さや時間当たりの単価によっては、5万円程度かかる可能性もありそうです。
1万円から5万円の間くらいというのが、大体の相場観だと思っていいでしょう。

今後支払う保険料の総額からすれば高くないと思います

ここで難しいのは、安ければ良いかというと、必ずしもそうとは言えないという点でしょう。

最初に書いたように、生命保険は一生で1千万円前後の買い物でしす。
そうである事を考えると、5万円は決して高いとは思いません。

結果的に数十万円、数百万円の保険料が節約できると思えば、5万円は合理的な出費ですよね。
価格の安さ重視で実力のないFPを選び、結果的に保険料が減らせないのに比べれば、よほど良い選択をしたことになります。

ただ日本人の場合、相談にお金を払うという習慣がありません。
ですから、数万円を出して相談に乗ってもらうというのは、抵抗があるでしょうけどね。

踏ん切りが付かない人は、取り合えず、30分なり1時間だけでも相談してみてはいかがでしょうか。
そのときの様子を見て、本格的に相談するかどうか決めてもいいと思います。

30分までの相談は無料としているような事務所もあるようですし。


次のページ >> 生命保険の有料相談の注意点


FPに生命保険の相談する是非

FPに生命保険の相談をするのは賢明な選択なのだろうか?
無料相談と有料相談がある
生命保険の無料相談の問題点
無料相談が上手く機能するケースも
生命保険の有料相談のコスト ←今ココ
生命保険の有料相談の注意点 FPに生命保険の相談

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。