このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

無料相談が上手く機能するケースも FPに生命保険の相談

FPに生命保険の相談をするのは賢明な選択なのだろうか?

ここまで無料相談について否定的なことを書いてきましたが、もちろん保険の無料相談が上手く機能する事もあります。
というか、うまく行くケースの方が多いと思っていいと思います。

というのも、保険会社というのは、保障を必要以上に手厚いものにしたがります。
ですから、無料相談を通して見直しををする事で、それを削る余地が十分にあるのです。

また、保険会社間の手数料の違いもあります。

私たちが支払う生命保険の保険料には「付加保険料」というものが含まれています。
付加保険料というのはどんなものかというと、保険会社の取り分のことです。

実は、この付加保険料は保険会社ごとに大きく違います。

一般に、保険の無料相談をするFPが扱う保険会社は、付加保険料の安い外資や損保系の生保が多いようです。
ですから、保険会社を乗り換える事で、保障を下げずに保険料が安くなる可能性があるのです。

中立性が確保されない以上、ベストとはいえない

ただ、既に書いてきたように、生命保険の無料相談は中立性が担保されません。
その意味では、ちょっと微妙なサービスであることに変わりはありません。

そうであるのなら、多少のコストが掛かることは理解しつつも有料相談に頼るほうがいいのかもしれません。
そうでなければ、微妙な点がある事を理解しつつ、無料サービスを選ぶかです。

それでもFPによる保険無料相談を利用したいなら

ここまで見てきたように、残念ながらFPによる無料相談には、さまざまな問題があります。
それでも工夫次第では無料相談の利用価値もあるかもしれません。

個人的には、複数のFPに相談を持ちかけてみれば良いのではないかと思います。

他者の提案を聞く事を知っていれば、あなたに対しておかしな提案はしにくくなるものです。
変な保険を売りつけられる可能性は、格段に小さくなると思っていいでしょう。

また、複数のFPの話を聞く事で、保険に対する理解も深まるものと思います。
相談自体は無料なので、経済的な負担もありませんし。

複数のFPに相談に乗ってもらうとなると、躊躇する人もいるかもしれません。
天秤にかけるような事をするのは、何となく申し訳ないと思ってしまうのでしょう。

しかし、複数の業者から提案を聞くのは、企業なら当然の行為です。
個人が行ったとしても何の問題もありません。

無料相談を使いたい人は、ぜひ複数業者を利用してみてください。


次のページ >> 生命保険の有料相談のコスト


FPに生命保険の相談する是非

FPに生命保険の相談をするのは賢明な選択なのだろうか?
無料相談と有料相談がある
生命保険の無料相談の問題点
無料相談が上手く機能するケースも ←今ココ
生命保険の有料相談のコスト
生命保険の有料相談の注意点 FPに生命保険の相談

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。