このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

削っても良い保障は削ってしまおう 「勉強もしないで生命保険に入るなんて損するだけですよ」の続き

勉強もしないで生命保険に入るなんて損するだけですよ

さて、保険料の総額で2,000万円もかかるのであれば、工夫次第で数百万円浮く可能性があると納得していただけるでしょう。

前のページで書いた例で言うと、不要である可能性の高い医療保障を全て止めるか、保険金額を小さくできるかもしれません。
あるいは、定期保険を逓減型や収入保障保険にする事で、保険料を抑えることもかのうでしょう。

さらにいうと、終身保険をはずして定期保険だけにしても、保険料は安く出来ます。
子供の教育費も、保険部分に余計なコストが掛かる学資保険ではなく、違う金融商品を使ったほうがコストダウンできる可能性があります。

何にしても、必要な保障を見直すことで、保険料を安くできる可能性は大きいです。
しかも一つの方法ではなく、いくつかの方法が考えれれます。

小さくしても大丈夫な保障は存在する

ところで、保障を小さくするというと、そんな事をして大丈夫なのか心配になる人もいるでしょう。
これに関しては、実はさほど心配する必要がないケースも多いのです。

例えば、医療保険や医療保障特約は、保障を小さくしたり無くしたりすることが可能です。
なぜなら、日本の公的な健康保険は、とても充実した制度だからです。

なぜか、この事はあまり知らない人が多いんですけどね。
ですから、そもそも民間の医療保険に入らなくても、ある程度の貯蓄があればまかなえると考えて良いでしょう。

死亡保険のに関しても同様で、遺族年金を考慮すれば思ったほどの保険金は要らないかもしれません。
また、住宅ローンを組んでいる場合も、死亡保険は減らせます。

保険会社は必要以上に保障が大きいプランを持ってくる事が多いようです。
私たちとしては、何が必要で何が不要なのか見抜かないといけません。

入る前にはちゃんと勉強しよう

具体的に生命保険の保険料をどの程度削れるかは個人差があります。
ですから、自分のケースはどこまで削れるのか、逆にどの保障はあったほうがいいのかは、個人個人が判断しないといけません。

こういうときに、多くの人は、保険会社の営業とか保険代理店に相談しようと考えるでしょう。
しかし、保険会社の営業やら代理店は、相談相手としてはふさわしくない可能性が高いです。

なぜなら、彼らはあなたに出来るだけたくさんの保険に入って欲しいのですから。
不安を煽って、手厚すぎる保障を提案してくる事も多いようです。

複数の保険会社を扱っている代理店が、保険料を安くすることを売りに商売をしているケースもあります。
こういうサービスは保険会社に相談するのに比べれば、多少役に立つかもしれません。

しかし、やはり自分で判断する力は持っておきたいものです。
結局彼らの商売もあなたに保険の契約をさせることですから。

しかも、できるだけ高額の保険を掛けさせたほうが、売り上げは大きくなります。
つまり、本質的な部分では、保険会社の営業と違いはありません。

結局、最終的に頼れるのは自分です。
繰り返しますが、住宅や車を買うときと同じくらいは、選択に時間をかけても良い額の商品のはずです。

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。