このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

勉強もしないで生命保険に入るなんて損するだけですよ

付き合いとか会社の同僚が入っているからというような理由で、生命保険に入る人は今でも少なくないでしょう。
最近はだいぶ減ってきたのでしょうけどね。

あるいは、取り合えず生命保険くらいは入っておいたほうが良いと漠然と考え、保険を契約したという人もいるでしょう。

こういう人達は、保険会社の提案するプランにそのまま入ってしまう事も多いようです。
「説明を聞いてもよくわからない」とか「勉強する時間がない」と理由をつけて、自分で考えることをしないのです。

あなたはこんなタイプではないですか?

こんなふうに自分で考えないで簡単に契約してしまうと、数百万円単位で損をする事があります。

これはとても大事な事なので、目立つように書いておきましょう。

保険に入るときには、必ず自分で判断できるように勉強してください。
そうしないと、要らない保険に入って、大きく損をする事にもなりかねません。

保険はあなたが思っている以上に大きい買い物です

数百万円以上も損をする可能性があるなんて書くと、「そんな大げさな」と思う人もいるでしょう。
でも、実際問題として、そのくらい損をする事はありえます。

この事を実感してもらう為に、生命保険の保険料として総額でどの程度払うのか考えて見ましょう。
生命保険というのは思いのほか高額な契約だということが分かると思います。

家族を持つ人が入る一般的な保険として、医療保障特約付きの定期付終身保険という保険に入ると仮定しましょう。
定期部分の保険期間は30歳から60歳までとし、保険料の払い込みも60歳までとしましょう。

保険料は保険金額などによって違いますから、正確なところはなんとも言えません。
まあ、上のような設定なら、3万円程度が標準的でしょう(実際、某保険会社のシミュレーションツールを使ってみたところ3万円ちょっとでした)。

さて、月々の保険料を仮に3万円とすると、保険に入っている30年間に支払う保険料の総額はいくらでしょうか?
なんと、この場合、1,080万円(=3万円×30年×12ヶ月)になります。

さらに、このほかに、妻の医療保険やら、子供の学資保険を掛けたとします。
そうすると、生命保険料の総額は1,500万円から2,000万円になるでしょう。

これらの保険には貯蓄性の高い部分があるとは言え、1,500万円から2,000万円というのはかなりの金額です。
東京都内に新築のワンルームマンションが買える値段ですね。

マンションや自動車などの高価な商品を買うときには自分で勉強するものです。
生命保険もその程度には勉強したほうが良いのは当然です。

次のページ >> 削っても良い保障は削ってしまおう

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。