このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

学資保険(こども保険):積立型の生命保険の紹介②

学資保険あるいはこども保険は、子供の教育資金を貯めるための生命保険です。
一括払いの契約もありますが、毎月数万円ずつ積立てていくのが一般的でしょう。

子供が生まれたときに契約し、大学入学の年齢までに400万円前後の貯蓄を目指すのが標準的でしょうか。
400万円というのは、私立大学に入った場合の4年間のおおよその学費ですね。

ただ、開業医の家庭で子供を跡取りに考える場合などは、満期の保険金を増やします。
私立の医学部だと学費が高いですからね。

ですから、満期保険金の額はあくまでケースバイケースだと思います。

学資保険の特徴は?

学資保険は生命保険ですので、当然ですが保険の機能も付いています。
具体的には、父親の死亡に備えることが出来ます。

保険の契約期間中に一家の稼ぎ頭である父親が亡くなるという不幸あることも考えられます。
しかし、そんな場合でも、学資保険に入っていれば子供の学費は確保されます。

なぜかと言うと、父親の死亡後は保険料の支払が不要になるのです。
もちろん、満期の保険金と同じ死亡保険金がでますので、子供の学費の心配は要りません。

父親が亡くなるという不幸があった場合でも、その後の学費を気にしなくてもいいようになっているわけです。

その安心感が受けているのでしょう。
現在でも人気の保険の一つです。

もちろん父親以外の場合でも対応可能です

父親の死亡に備えると書きましたが、一家で一番稼ぐのが母親というケースもあるでしょう。
父親が病気の場合や、母子家庭の場合などもありますし、決して珍しいことではないですよね。

もちろん、こういうケースでは、母親の死亡に備えるような契約にすることができます。

子供一人ずつに対して、それぞれ契約

ちなみに、2人目の子供が生まれた場合ですが、その子が生まれたときに新しい子供の分を契約します。
こうすることで、それぞれの子供の大学の学費を確実に確保できるわけです。

結局、学資保険は利用価値があるのか?

さて、とりあえず、学資保険の概要は分かりました。大事なのはこの保険が使えるかですよね。

「他の積立商品+定期保険」がおすすめ

率直に言って、この保険には、個人的にはあまり魅力は感じません。というのも、他の貯蓄型の金融商品と定期保険を組み合わせる方が優れていると考えられるからです。

はっきりって、学資保険って、長期国債の利率が低い時期には利用すべき商品では無いのです。予定利率は長期国債の利率に営業を受けますからね。学資保険に入ったところで、ほとんど増やすことはできません。

具体的には、投資信託の積立と定期保険の組み合わせを使うのが合理的でしょうね。特に、つみたてNISA を使えば、所得税の節税も出来ますし。

投資信託が優れている理由は、株しい投資ができるからです。学資保険とは反対で、金利が低い時期には株式のパフォーマンスは良くなります。

既に死亡保険には入っているんじゃないですか?

それに、そもそも、学資保険に入るような人は、既に保険金額が大きい死亡保険に入っているはずです。例えば、定期保険などですね。

そういう保険に入っている人が、学資保険に入る必要は無いだろうと思われます。死亡保険が重複するメリットは、あまりないと思われます。

もっと金融商品として有利なものを使うべきでしょうね。

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。