このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

変額保険を使って積立をするという選択肢はどうだろう

生命保険を使って積立をするのはどうだろう?

前のページで見たように、積立に変額保険を使うという選択肢が無いわけではありません。

変額保険というのは何かというと、投資信託と死亡保険を一緒にしたような商品です。
死亡保険に関しては最低保障が付くので、契約期間中の死亡に関しては一定額以上の保険金が受取れます。

例えば、1,000万円の最低保障が付いている場合、契約期間中の死亡に対して1,000万円以上が必ずもらえます。
1,000万円よりも多くなるケースはどんなケースかというと、投資信託部分の運用がうまく行った場合です。

そして、例えば、有期型というのを選択すると、保険期間満了時に投資信託部分の運用結果が満期保険金として受取れます。
積み立て型の変額保険としては、終身型の保険もあります。

こういう商品ですから、生命保険に入りたいというニーズと、資産運用をしたいというニーズを同時に満たすことが出来ます。
また、資産運用部分に元本保証が付いている商品もあり、一部では人気があるようです。

定期保険+投資信託積立とコストの比較を

有期型の変額保険というのは、結局のところ、定期保険と投資信託を組み合わせたものです。
より正確に言うと、逓減定期保険と投資信託の積立を組み合わせたものに近いでしょうか。

また、終身型の変額保険は、終身保険と投資信託を組み合わせたものに近いといえるでしょう。

積立商品として変額保険を選ぶかどうかは、コストで考えて有利かどうかに掛かっています。
「定期保険+投資信託積立」などのケースとコスト面で比較してみるのです。

それで有利ということになれば、選ぶ価値もあるでしょう。

まあ、現実問題として、そこまでする時間が取れるかどうかは難しいところですけどね。
あまり時間がかけられなければ、定期保険+投資信託という選択の方が無難だと思います。

それに、そもそも保険のコスト計算は難しく、単純に比較しにくいという問題もあります。
知識がない人がどれだけ客観的に比較できるかというのも問題として存在します。

金融商品の有利不利を比較するには、ある程度の金融リテラシーが必要です。

次のページ >> 変額保険を使って積立をするときのそのほかの問題

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


タグ: , , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。