このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

生命保険を使って積立をするのはどうだろう?

個人的には、貯蓄に生命保険を使うのはあまり合理的な選択ではないと考えています。
ですから、どうせ積立てるのなら違う金融商品のほうがいいのではないかと思います。

ということで、

生命保険を使って積立をするのはどうだろう?

という問いの答えは、

別の商品にしておけば

ということになるでしょうか。

一般に生命保険はかなりコスト高

積立商品として生命保険をすすめない理由は簡単です。
積立商品としてはコストが高いのです。

生命保険に入ると、付加保険料という保険料を取られます。
これは簡単に言うと、私たちが払う保険料のうちの生命保険会社の取り分です。

付加保険料は、私たちが支払う保険料の中に含まれているので普段意識をすることはほとんど無いでしょう。
しかし、確実に私たちが払う保険料の中から確実に引かれています。

もちろん、こういったコストが掛かるのは仕方が無い部分もあります。
保険会社を経営するにはさまざまなコストがかかります。

それに、生命保険会社は民間企業ですから、利益を上げないといけませんから。

ただ、他の金融機関との比較で、このコストが高すぎるように思えてならないのです。
ですから、他の金融商品と比べて、おすすめをすることができません。

ということで、生命保険は最小限にするのが、賢い選択と言えるでしょう。

生命保険の利用は最小限にとどめよう

付加保険料を必要最小限にしようと思うと、掛捨て型の死亡保険である定期保険だけということになるでしょうか。

逆に言うと、保険会社に高い手数料を払ってまで、積立なんてしてあげる必要性は全くありません。
保険会社を儲けさせるだけですから。

ですから、貯蓄をするなら生命保険以外の金融商品でとおすすめする人が多いのです。

次のページ >> 生命保険の積立は長期間固定金利で運用するということ

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


タグ: , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。