このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

補償の範囲を限定することで自動車保険の保険料を節約する

自動車保険の節約についてです。

自動車保険の中で、保険料に与える影響が大きいのが車両保険です。
車の修理などに掛かる費用を負担してくれる保険ですね。

車両保険は高いので、車両保険自体をやめてしまおうという人も多いようです。
しかし、車の修理に全く備えないというのには、ちょっと不安が残ります。

自分で事故を起こさなくても、車をぶつけられる可能性もありますよね。
また、盗難される可能性もあれば、いたずらで傷をつけられる可能性もあります。

そこでおすすめなのが、「エコノミー+A特約」タイプの車両保険を使うことです。
別のページでご紹介した免責の設定とあわせて活用すると、自動車保険を大幅に節約できるようです。

生命保険の比較サイトなどを使って保険料の安いところを探すのもおすすめです。
でも、こんな方法も存在するんですね。

車両保険の部分に関しては、保険料を半額以下に出来る可能性も大きいです。

「エコノミー+A特約」タイプの車両保険とは

「エコノミー+A特約」タイプというのは、通常の車両保険と何が違うのでしょうか?

簡単に言うと、自損事故の補償が付かない車両保険だと考えればいいでしょう。
正確に言と、相手が分からない当て逃げのような場合も補償されません。

逆に言うと、他の車にぶつけられたとか、落書きされたというような場合は、ちゃんと補償されます。
盗難に関してもちゃんと補償されます。

こういう保険ですから、自分で事故を起こす可能性が低いと思っている人は、ぜひ利用していただきたいと思います。

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。