このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

車両保険に免責をつけると自動車保険保険料の節約になる

自動車保険の節約についてです。

車両保険の保険料を下げたい人は、免責を大きくすることを考慮しましょう。
こうすることで、数万円単位で節約できる場合もあるようです。

車両保険の免責というのは、車の修理で一定金額分は自腹を切るという契約のことです。損保会社が一定金額分は賠償の責任を免れるので免責というわけですね。

例えば、10万円の免責をつけると、10万円以下の修理には全額自腹で対応することになります。
あるいは、30万円の修理だったら、10万円は自腹を切り、20万円は保険で対応することになります。

こうすることで、当然ですが、保険会社は保険金の支払を抑えられます。
要するに、損害保険会社にとっては有利な契約です。

ですから、その分の保険料が安くなっているのです。

【参考】自動車保険保険料の相場

そもそも修理に保険を使わないほうがいい場合も多い

自腹の負担が増えるとなると、ちょっとためらう人もいるかもしれません。
でも、実際問題としては、ほとんど影響がないと考えていいでしょう。

なぜかというと、そもそも数万円単位の修理だったら自動車保険を使わないことが多いからです。
そのくらいの修理で保険を請求してしまうと、逆に損なのです。

車両保険の保険金を請求してしまうと、翌年以降の自動車保険のノンフリート等級が3つ下がります。
ノンフリート等級が下がるということは、要するに、翌年以降の保険料が高くなります。

一度下がったノンフリート等級は、一年に一つずつしか戻っていきません。
ということは、一度保険金を受取ってしまうと、事故を起こしていない場合と比べ、高い保険料を払い続けることになるのです。

ですから、数万円程度の修理だったら、結果的に保険を使わないことも多いのです。
結果的に自己負担が増えるのなら、わざわざ保険金なんて受取らないですよね。

こういう事情があるので、一般的には、車両保険に免責をつけてもそれほど大きい違いはありません。
高額な修理のときに自己負担分があることだけを理解しておけば、それ以外のケースでは差はないのです。

ですから、車両保険を安くしたいという人は、免責を積極的に利用しましょう。

その他の方法

車両保険に関しては、補償の範囲を限定し保険料を節約する

という方法もあります。
自損事故などの補償をはずすことで、保険料を安くすることができます。

こうした方法を取る事で、平均的な保険料よりも安くする事ができます。
毎年の事ですし、結構馬鹿に出来ない額なので、ぜひ試してみてください。

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険の診断ツール

保険マンモスのサイトでは、生命保険・医療保険の簡易診断ツールを提供しています。しかも、凄く簡単でほとんど時間も手間もかかりません。

個人情報の入力も不要です。あなたとあなたの一家に必要な保険をチェックしてみてください。

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。