このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

労災保険はなじみが無い制度だから無理も無い点もあるかもね

東日本大震災関連の労災認定に関するニュースが時事通信に載っていました。
記事によると、岩手、宮城、福島の3県での労災認定が計1787件であるということです。

地震の発生した時間帯を考えると、就業時間中に被災した人がほとんどです。
死者の数からすると、明らかに少なく感じますね。

ちなみに、政府は4,000人程度を想定していたようです。
政府の見積もりですら少ないような気がします。

しかし、実際の申請はその半分ということです。

■ 労災申請、想定の半数未満=被災3県の死者、不明者ら―周知に課題も・東日本大震災
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110728-00000070-jij-soci

家族は労災保険なんて詳しく知らないだろうね

もっとも、労働者自身はともかく、その家族は労災保険に関しての知識が十分には無いでしょう。
名前くらい走っていても、どんな保障があるかまでは知らないはずです。

ですから、申請が少ないのは、十分に納得できる気がします。

でも、これって、今回の震災に限った話ではないですよね。
家族が仕事中に亡くなったようなケースの労災の申請し忘れは、意外に多いのではないかという気がしてきました。

亡くなった状況にもよりますが、労災の場合は会社が認めたがらないケースも多そうでし。

どこかで実態調査をやっていないのでしょうか。
気になるところです。

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険の診断ツール

保険マンモスのサイトでは、生命保険・医療保険の簡易診断ツールを提供しています。しかも、凄く簡単でほとんど時間も手間もかかりません。

個人情報の入力も不要です。あなたとあなたの一家に必要な保険をチェックしてみてください。

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。