このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

自動車保険の料金体系は複雑怪奇 だから比較は難しそうだ

自動車保険について考える時、保険料は最大の関心事の一つです。

保険料が年間10万円以上もするなら、10年車を持っているだけでも100万円を超えてしまいます。
結構馬鹿にならない金額ですよね。

そして、統計を見る限り、世帯当たりで見ると年間10万円以上というのは平均的な額なのです。
車1台あたりで調べたら、もう少し下がるでしょうけどね。

これだけ大きな負担です。
自動車保険の料金体系について、詳しく知りたいと思う人がいても不思議ではありません。

実は、私もそんな中の一人です。

自動車保険の料金はとても難しい

しかし、自動車保険の保険料決定プロセスは、調べれば調べるほど評価が難しいものであることがわかりました。
生命保険などと違い、さまざまな要素が複雑に絡み合っているのです。

例えば、生命保険の定期保険や終身保険だと、男女の別と年齢、保険期間、死亡保険金の額で料金は大体決まってしまいます。

大手の生保会社は、なぜか複雑に見せかけた商品を作るのが好きなようです。
でも、一つ一つの保障をばらして考えれば単純明快です。

ですから、生命保険の料金比較は、とても簡単にできます。

一方で自動車保険の場合は、そんなわけには行きません。

年齢とか保険金額という要素は、生命保険と共通するものです。
ただ自動車保険の場合、それらに加え、車の排気量、車種、使用頻度、等級、車についている装置などによっても料金が違うのです。

料金を決めるために必要な要素が非常に多いわけです。

どんな補償をつけるかを決めるのも

また、必要になる補償の選択も、生命保険よりも難しいように感じます。

一つ一つの補償をつけるかどうかで、料金が大きく違います。
ですから補償の複雑さが、自動車保険の料金をさらにわかりにくくしているようです。

生命保険の場合も、色々な特約を儲けて複雑な契約にする傾向はあります。
しかし、生命保険の場合は、肝心なのは死亡保障と医療保障をどうするかだけです。

その他のチョイスは細かな問題と言っていいでしょう。

一方の自動車保険の場合は、それぞれの補償が重要なものです。

例えば、車両保険をつけるかどうかは、自動車保険を決める時に判断が分かれる点でしょう。
車両保険というのは、車の修理代などを補償するものです。

しかも、車両保険をつけるかどうかで、料金が大幅に違うのですから、相当悩ましい問題だと言ってもよさそうです。

このほかにも、自損事故保険での補償をどうするかとか、ドライバーへの補償をどうするかなどもかなり重要な問題です。
一つ一つの補償をつけるかどうかで、大いに悩むことと思います。

補償さえ決まっていれば保険料の比較は簡単

このように、自動車保険の料金体系は大変複雑です。
しかし、必要な補償さえ決まっていれば、各社の保険料を簡単に比較することはできます。

なぜなら、補償の内容を入れると、各社の保険料がわかるサービスが存在するからです。
例えば、次のようなサービスです。

こういうサービスを使えば、料金面で一番お得な保険会社を探すことはできそうです。

ですから、まず、どんな補償が必要かを決めてしまいましょう。
それさえできれば、各社の比較はできそうです。

料金体系の全体像はなかなかわかりませんが。

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。