このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

株主が第一生命を提訴…でも、なんだか筋が通らないような気がするなあ

第一生命の株主が、同社の渡辺光一郎社長に対して株主代表訴訟を起こしました。

株主代表訴訟ということは、会社の経営者が会社に損害を与えたことに対する訴訟です。
今回訴訟を起こした理由は、第一生命が特定の国会議員のパーティー券を購入し、会社に損害を与えたことなのだとか。

■ パーティー券購入で損害…株主が第一生命を提訴
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110627-OYT1T00566.htm

ちなみに、国会議員のパーティー券を購入した理由は「行政処分を軽くしてもらうため」だと訴えた男性は主張しているようです。
これが「許されない」と言っています。

この記事、正直に言って、よくわかりません。

何で会社の利益を損ねる行為なの?

行政処分を軽くしてもらうために、パーティー券を買ったとすれば、会社に損害は与えていないですよね。
会社の利益になる行為をしているはずです。

どうしてこれが、会社の利益を損ねる行為になってしまうのでしょうか?

もちろん、同義的な問題はあるでしょうけどね。
株主代表訴訟に馴染むような話では無いように思えます。

この人が株主になる前の話なんだよね。

もうひとつ疑問なのが、このパーティー券の売買が2007年の話だという点です。
でも、第一生命が上場したのは2010年4月1日です。

ということは、パーティー券の購入時点で、原告の男性は株主ではないのです。
その人が訴えるということには、何か違和感を感じます。

法律的にはどうなのでしょうか?

義憤に駆られたのだろうか?

以上、2つの点で大きな疑問を持たざるを得ない訴訟です。
正直に言って、何でこんな裁判を起こしたのかさっぱりわかりません。

義憤に駆られたのでしょうか?
特定の政党が嫌いなのでしょうか?

なんにしても、筋違いで迷惑な話という感じがします。

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。