このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

家を買ったら生命保険の見直しをしよう

最近家を買った人や、これから家を買う人は、生命保険の見直しをしましょう。

「ローンの支払いが終わらないうちにご主人にもしもの事があったら」と考えてみてください。
残された家族だけでローンを払うなんて、相当難しいこととです。

ですから、生命保険の保障を増やすように見直しをすべきなのです。

これを読んでどう思いましたか?
保険を増やさないといけないと思いましたか?

もしそうなら、あなたは生命保険会社の鴨になっていたかもしれません。
実はこれ、真っ赤な嘘なんです。

真っ赤な嘘なので、赤に近い字で書いておきました。
完全に赤にすると目がチカチカするので、ちょっと抑え目の色にしましたけど。

実はこれ、全く逆なのです。
通常は、持ち家を買ったら、生命保険を減らすことが出来ます。

団体信用生命保険と言う生命保険

金融機関で住宅ローンを組むと、通常は団体信用生命と言う保険に入らされます。
これは、その名前から分かるように、生命保険の一つです。

金融機関は、なぜこんな生命保険を利用するのでしょうか?

それは、お金を借りた人に万が一の事があっても、ローンの取立てが困らないようにするためです。
お金を借りている人が、万が一ローンの返済中に亡くなった場合、金融機関は団体信用生命から死亡保険金を受け取ります。

それで、住宅ローンの返済は終了となるのです。

残された家族からすると、ご主人が亡くなった後は住宅ローンを払う必要はなくなります。
ですから、その後は住宅関連の支出はなくなるわけです。

そう考えると、生命保険はむしろ減らしても良いはずです。
ですから、最初に書いたことは、完全にでたらめなのです。

保険を増やせと言う営業も要るらしいから注意

ということで、住宅ローンを借りた場合、ローンの金額分くらいは生命保険を減らしても大丈夫でしょう。
だって、その分の保険に、金融機関経由で入っているのですから。

住宅ローンを借りたときは、生命保険を見直す大チャンスなのです。

しかし、世の中には、悪い事を考える保険の営業も要るようです。
最初に書いたような事を言って、保障を増やそうと言う提案をされえることがあるようです。

さすがに、保障を増やせと言う人は少数かもしれません。
しかし、「保障を減らす」と言うと、保険の営業は色々と理由をつけて止めさせようとするでしょう。

あるいは、違う保険に入らせうようとするかもしれません。

彼らにとっては、保障を減らさされると言うのは、収入が減る事を意味します。
何とかそれを止めさせようとするのは、当然のことなのです。

私達は保険の営業を養うために保険に入っているのではありません。
情に流されてズルズルなんてならないようにしましょうね。

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険の診断ツール

保険マンモスのサイトでは、生命保険・医療保険の簡易診断ツールを提供しています。しかも、凄く簡単でほとんど時間も手間もかかりません。

個人情報の入力も不要です。あなたとあなたの一家に必要な保険をチェックしてみてください。

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。