このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

妻が専業主婦で子供がいる家庭は、絶対に生命保険が必要

生命保険が最も必要と考えられるのが、妻が専業主婦で子供がいる家庭です。
必要な保険なら、入らないわけにはいきません。

でも、保険金額が高くなり過ぎないように気をつけましょう。
遺族年金があることを考慮すれば、思ったより保障は抑えられるはずです。

このサイト内で、生命保険も医療保険も「要らない、要らない」と書き続けています。
これは、他のページを見ていただくと分かると思います。

でももちろん、生命保険が必要なケースもあります。

おそらく、もっとも必要性が高いのは、このタイトルのパターンでしょう。
すなわち、「妻が専業主婦で、子供がいる」場合です。

特殊な場合を除いて、このケースでは生命保険の加入を考えましょう。
もうすこし具体的に言うと、夫が死亡するという事態に備え、夫に生命保険を掛けるわけです。

しかも、死亡保険金の額は他のケースよりも、ちょっと多くなる可能性があります。

誰かが亡くなった時に生活が困る場合は生命保険の助けを借りる

生命保険というのは、家族の誰かが亡くなった時に、残された家族の暮らしを支えるものです。

今回例に挙げたような、「妻が専業主婦で、子供がいる家庭」では、夫が亡くなると妻と子供は生活に困ってしまうでしょう。
ですから、こういうケースでは、生命保険に入る事をおすすめします。

しかも場合によっては、あるていど手厚い保障を考えた方が良いかもしれません。
どの程度まで保険金を高くするかは、家庭によって異なると思いますけどね。

子供の数や年齢で、必要な保障は変わる

一般的に、子供が小さい場合や、子供が多い場合は、死亡保険金の額は増えてしまいます。
逆に言うと、子供が大きくなるにしたがって、必要な保険金の額は小さくなっていきます。

これは、考えてみれば、当然のことでしょう。

例えば、子供が0歳のときに父親が亡くなるような不幸があったとします。
こんなケースでは、短く見積もっても、子供が大学を出るまでの22年間は生命保険の助けを借りる必要があります。

次ページに続く


■ 次ページ 死亡保険金が徐々に減る保険を考えよう

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険の診断ツール

保険マンモスのサイトでは、生命保険・医療保険の簡易診断ツールを提供しています。しかも、凄く簡単でほとんど時間も手間もかかりません。

個人情報の入力も不要です。あなたとあなたの一家に必要な保険をチェックしてみてください。

スポンサードリンク


タグ: , , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。