このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

生保会社が倒産したときに大損するから生命保険を避けた方が良い

このサイトのほかのページでも書いていますが、個人的には、生命保険は出来るだけ少なくした方が良いと思っています。契約する保険の数は増やさない方が良いですし、保険金額や保険料も小さく抑える方が良いでしょう。

少なくとも、保険でお金を貯めるというような事は、やめておきたいですね。率直に言って、メリットよりもデメリットの方が圧倒的に大きいと感じます。

こう考える理由は色々あるのですが、次の事情もそう考える大きな要因の一つです。

生命保険会社が倒産すると、保険の一部が無駄になる可能性がある

保険は銀行預金ほど守られていない

銀行預金だったら、ペイオフという仕組があります。どんな仕組みかというと、仮に銀行が倒産しても、1千万円までの預金とその利息は守られるというものです。1

しかし生命保険は、銀行の預金のようには守られていないのです。

正確に言うと、生命保険にも「生命保険契約者保護機構」という契約者を保護する制度が、あるにはあります。ただし、預貯金のように一定額までは全額守られるわけではないのです。

生命保険契約者保護機構は責任準備金の90%まで補償する仕組です。そして、ちょっと難しいのですが、責任準備金の9割を補償するというのは、保険金額の9割が補償されると言うわけでは無いのです。

特に、貯蓄性の保険では、大幅な減額がされる可能性があることは理解しておいた方が良いでしょう。生保は銀行預金ほどは守られていません。

参考:生命保険契約者保護機構とは

生保会社も銀行ほど守られていない

ついでに言うと、生保会社も銀行ほどは守られていません。メガバンクが倒産しそうになると、国はほぼ間違いなく救済することになるでしょう。りそなの時は必死に救いましたし、公的資金をいれた事例は他にもあります。

このように、メガバンクの倒産の場合、銀行自体は何らかの形で生き残られる可能性が大きいでしょう。株主の責任は最終的に問われることになるでしょうけどね。あるいは、合併して名前が変わったりすることはあるでしょうけど。銀行自体が倒産するわけではありません。

しかし、生保会社の場合は、普通に潰すものと考えられます。はっきり言って、生保会社が倒産したところで、メガバンクほどの影響は無いからです。

もちろん、時の政権の判断次第ですけどね。こんなふうに考えてのが自然だと思います。

生保と銀行が倒産したときの比較

さて、仮に生保会社や銀行が倒産したケースの契約者保護の仕組みを比較してみましょう。

銀行預金生命保険
保護する機関預金保険機構(ペイオフ)生命保険契約者保護機構
倒産したとき元本1千万円とその利息は保護責任準備金の9割を保証
予定利率の引下げもありうる
=>結果的に、保険金が大幅に下がることも
注意したい金融商品外貨預金は保護対象外貯蓄性の保険は大幅減額も
(終身保険, 養老保険, 個人年金など)

生命保険に頼りすぎると言うリスク

いざと言うときのために入る生命保険が、いざと言う時の前に無くなってしまうかもしれないわけですね。そんなことが起きたら、笑うに笑えないですよね。そして、過去には、保険会社の倒産は実際に起こっています。

そんなことが起こる可能性もあるので、生命保険に頼りすぎるのは危険だと思うのです。

そして、生命保険という商品の特徴からも、保険会社の倒産は用心が必要なのです。

生命保険会社には、財務の健全性をはかる指標があります。あるいは、格付け会社の格付けもありまsう。ですから、ある程度の安全性は契約の時点でチェックできます。ですから、「ちゃんと調査した上ではいれば、そこまで心配する必要は無い」と言う人もいるでしょう。

しかし、生命保険というのは、一般に契約期間が長いです。20年30年の契約になることもあるでしょう。実はこれが大問題なのです。

契約するときには健全だった会社も、長い契約期間の間に問題を抱える可能性もあります。そうなったときに、私達のような一般の契約者には対処のしようがありません。

「保険会社の経営がやばくなったら、違う保険会社に乗り換えれば良い」と考える方もいらっしゃるでしょう。しかし、現実問題として、これはそんなに簡単なことではありません。

そもそも生命保険は、途中で乗り換える事自体が不利なケースも多いです。貯蓄性の保険を解約してみたら、解約返戻金がこれまで払い込んだ保険料を大きく下回るなんてこともあるわけですね。

また、健康面などの理由で、乗換えが出来ない可能性だって否定できません。被保険者の年齢が上がるわけですから、審査に落ちる可能性も当然上がるわけですね。

保険会社の倒産というのは、考慮されることが少ないですが、大きなリスクです。保険を利用自体はある程度は避けられないとしても、全てを保険に頼ってしまうのは危険だと言わざるを得ません。

実際に破綻した事例も少なくないですしね。

掛け捨て中心にするとリスクを軽減できる

ちなみに、掛け捨て中心にすると、生命保険会社の倒産リスクを小さくできます。

掛け捨て保険の保険料というのは、その年集めた分をその年に使い切ってしまうというイメージです。貯まっていくお金が無いので、最大でもその先の1年分の保険料にしか影響がないわけですね。そして、その1年分に関しては、「生命保険契約者保護機構」による保護があります。

倒産してしまうと新しい保険会社を探さないといけないという問題点はあるとしても、貯蓄性の保険と比べると被害は小さいと考えて良いでしょう。やっぱり生命保険での貯蓄はダメですね。

生命保険会社が倒産するリスクがあるので、生命保険での貯蓄は控えた方が良い。掛け捨ての保険は、比較的保険会社が倒産した時のダメージが小さいので、利用しても大丈夫。

補足:潰れない保険会社を見つけることはできるのか

保険会社が倒産してしまったからといって、私達が払ってきた保険料が全く無駄になるということではないようです。
しかし、上でも言及したように、保険会社が倒産すると契約条件が悪くなってしまうということもまた事実です。

簡単に言うと、損をするわけですね。

そんなことが無いようにするためには、潰れない保険会社と契約する必要があります。
少なくとも、潰れにくい会社との契約が必要です。

どうやったら潰れない保険会社が見つかる?

潰れない保険会社を探すには、いったいどうしたら良いでしょうか?
主に2つの方法で、保険会社の経営の健全性をチェックするほう方があるようです。

一つはソルベンシー・マージン比率と呼ばれるもので、予想を超えるような大事故がおきた時の保険会社の支払能力を表します。
「支払余力」などとも訳されるようです。

一般に200%を越えれば安全と言われていますが、大きいに越したことはありません。
ソルベンシー・マージン比率は、このサイトで一覧表示されています。

もう一つが格付け会社による格付けをみることです。
保険などの金融商品は、格付け会社と呼ばれる会社が、安全性を調べ公表しています。

スタンダード & プアーズやムーディーズなどが代表的な格付け会社です。
名前くらいは聞いたことがあるという方が多いのではないでしょうか。

この格付け機関の情報をもとに安全な保険会社を選ぶというのが、保険会社の安全性を見るもうひとつの方法です。
ただし、格付け会社に対する批判的な意見も多いので、完全に鵜呑みにするのは危険かもしれません。

格付け会社は複数あるので、各社の情報を総合して検討すると良いでしょう。

以上のように、「ソルベンシー・マージン比率」と「格付け会社による格付け情報」をもとに、安全な保険会社を選んでいくというのが潰れない保険会社を選ぶこつです。

20年、30年先まで見通せるのか?

とは言え、保険の契約は数十年単位の長期に及ぶことが多いです。
そんな先まで、経営が大丈夫かどうかチェックできるわけではありません。

ですから、貯蓄性の保険で10年を超える期間運用すると言うのは注意が必要です。
一つの保険会社と運命を共にするのですから、ちょっと怖いです。

掛け捨ての保険ならそれほど心配は要らない

上にも書きましたが、掛け捨ての保険だったら、かなりの部分まで守られるので、心配しすぎる必要は無いんですけどね。仮に倒産しても1年分の保険料の何割かが無駄になるだけですから。それほど大きな問題ではありません。

むしろ問題になるのは、新しい保険に入りなおせるかというところでしょうか。年齢が上がっている分、契約は難しくなるかもしれません。

  1. ペイオフについては細かく書くと色々とあるのですが、ここでは基本事項の指摘に留めましょう。 []

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。