このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

夫婦共働きで子供がいない家庭は生命保険・医療保険が必要か?

さて、家族構成ごとに、生命保険が必要なのかどうか、考えてみましょう。
まず、夫婦共働きで子供がいない家庭です。

この家庭では、生命保険は必要なのでしょうか?

結論から言ってしまうと、この家庭では生命保険にも医療保険にも入らなくて良い可能性が高いです。

もちろん、例外的に入っておいた方が良いと言う場合もあるとは思います。
でも、そういうケースは多くないでしょう。

生命保険が必要になるケースは

一般家庭で生命保険が必要になるケースというのは、家族のうちの誰かが亡くなった時に残された家族の暮らしが困るという場合です。
もしそんな自体が起きてしても、残された家族が困らないように、保険に入るのです。

それでは、夫婦が共働きで、子供がいない家庭ならどうでしょうか?

こういう家庭の場合、夫か妻のどちらかが亡くなったとしても、残された方が経済的に著しく困るということは無さそうです。
ですから、一般論として考えれば、この家庭では生命保険にはいる必要性はありません。

もっとも、どちらか一方の稼ぎが極端に少ないようなケースだと話は違ってきます。
残された方が暮らしていけないのなら、何らかの保険に入るという選択は考えうるでしょう。

何にしても、基本は、残された方が困るかどうかです。

医療保険は必要なのか?

それでは、次に、この家庭では医療保険に入る必要はあるのでしょうか?
実は、これも、特に必要が無さそうに思えます。

医療保険というのは、基本的に入院に対する保険です。
共働きの場合、ある程度貯蓄もあるでしょうから、入院への備えも要らない可能性が高いのです。

普通の家庭の場合、(入院費も含め)一ヶ月の医療費は最大でも9万円程度と決まっています。
なぜこんなことが言えるかというと、高額療養費という制度があるからです。

なので、ある程度預貯金がある家庭の場合は、医療保険は特に必要がありません。

若いうちは長期間入院するような病気になる可能性は大きくありません。
ですから、高額療養費があることも考えれば、医療保険に入る必要はありません。

ある程度年齢がいってからは、長期間の入院の可能性も無くはありません。
ですが、これも若いうちにある程度貯蓄しておけば、保険は無くても大丈夫です。

ちなみに、夫婦共働きの場合は、保険のセールスは医療保険をすすめてくる可能性が高いでしょう。
共働きだと生命保険がいらないのは明らかですが、医療保険が必要かどうかはわかりにくいからです。

要するに、医療保険は万人にすすめやすいわけです。

当然ですが

当然ですが、この家庭で子供が出来た場合は、保険に対する考え方は変わります。
そのときは、そのときで、保険について考え直す必要がります。

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。