このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

生命保険が必要な人、要らない人を見分けよう

生命保険はどんな人に必要なのでしょうか?

生命保険というのは、一部の人にとってはとても重要な金融商品です。しかし、全員が全員、必要なものでもありません。

生命保険会社の営業(生保レディーとかファイナンシャル・アドバイザーと呼ばれる人たちを含めます)や保険代理店の話を聞くと、みんなが保険に入った方が良いと言うでしょう。彼らにとっては保険を売るのが仕事ですから、当たり前のことです。

でも、実際は、ぜひ入っておいた方が良い人もいれば、入っても入らなくても良い人もいます。さらに言うと、入らない方が良い人だっているはずです。

相談できる相手って、意外と少ないんですよね

自分が保険に入るべきか、入るならどの保険が良いのかなどを相談できる人は、意外に少ないはずです。なぜなら、生命保険や社会保険に関する基本的な知識を持っいて、中立的な立場でアドバイスしてくれる人はほとんどいないからです。

上に書いたように、保険の営業や代理店では、中立性を確保できないからだめです。また、彼らは、自社の保険には詳しくても、社会保険の知識があまりないことも多いようです。

身近で保険にも社会保険にも詳しい人となると、全く探せないという人が多いでしょう。そして、生保会社の関係者もダメなわけです。利害がそう反しますからね。

FPによる無料相談サービスもあるが

最近は、FPによる無料相談サービスもあるようです。

でも、これも、あまり期待しすぎない方が良いでしょうね。無料相談のFPも、結局は保険の代理店をやっていたりしますから。

彼らもボランティアではないので、最終的にはお金にしないといけません。そこで、保険を売るための入り口として、無料相談という形を選んでいるのです。

複数のFPに話を聞くという事なら、多少はメリットがあるのかなあ。そんなことが分かれば、すごく嫌がられるでしょうけどね。

一応、生命保険の無料相談サービスの仲介をしている会社です。

本来は有料相談が良いのでしょうけどね

有料で保険相談に応じるファイナンシャル・プランナーも居ない事はありません。個人的には、そういう人に相談するのが良いと思っています。彼らにとっては相談者がお客なので、お客のメリットになるようなアドバイスをくれるでしょうから。

しかし、そういう人を探すのも一苦労でしょう。また、安めに見積もっても1万円以上のコストがかかります。それだけの価値があるのかという、根本的な疑問もありますよね。

それに、スケジュールをあけるのも、負担になりますね。ですから、有料相談は躊躇する人も多いはずです。

そうであるならば、自分で勉強するしかありません。私も、微力ながら、このサイトの中で説明して行こうと思います。

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。