このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

アドバイスとか見積もりの時に社会保険とか労働保険を忘れてしまう専門家がいるらしい

保険相談のアドバイスにはおかしなものがあるというシリーズの3つ目です。

国の制度の中には、困った国民を助ける趣旨のものが沢山あります。これを完全に無視してアドバイスをする専門家1 がいるという話をしましょう。

公的な仕組みは意外と知らない人が多い

繰り返しますが、困った国民を助けるような公的な仕組みはたくさんあります。でも、普段私達はその存在を意識しないので、知らない人も多いようです。本来なら国が助けてくれるのに、知らないばっかりに苦しむ人もいるようですね。

例えば、傷病手当金という仕組があります。これは健康保険の給付の一つで、病気やケガで仕事が出来ない人に、給料の三分の二を毎月払ってくれるというものです。

この仕組みは、意外と知らない人が多いようです。でも、実際には、かなり重要な仕組みですよね。知らないとマズいレベルじゃないかと思うんです。

無知に付け込んで保険を販売

生命保険会社の営業の中には、傷病手当金の事を知らないことに付け込んで、保険を売ろうとする人も多いようです。「旦那さんが入院して働けなくなったときの給料代わりになるから」なんてセールストークで、医療保険をすすめることがあるのです。なんとなくもっともな理由に聞こえますから、この言葉に促されて契約する人もいるでしょう。

しかし、傷病手当金があれば、そもそも給料の三分の二は確保されています。ある程度の預貯金があれば、傷病手当金とあわせて十分に急場はしのげるでしょう。

もっとも、生命保険の営業の中には、十分な知識を持っていない人も多いですからね。会社に教えられるがままに、本気でこんなセールストークをしている可能性もあります。それはそれで怖いことですけどね。

公的な仕組みを分かった上で保険を選ぶのが基本です

この例から分かるように、医療保険に入るかどうかは、傷病手当金の給付を踏まえたうえで決めないといけません。奏しないと、無駄な保険に入る可能性も大きいのです。

ここでは傷病手当金を挙げましたが、もちろん、それだけではありません。夫の死亡には遺族年金制度がありますし、子供の病気ケガには地方自治体が医療費を見てくれるケースも多いです。

また、医療費が高くなりすぎないように、高額療養費という制度も存在します。これは、簡単に言うと、一ヶ月の医療費の上限を決める制度です。この医療費には基本的に入院の費用も含まれますから、医療費に関しては心配しすぎる必要はないのです。

意図的(?)に知らないふりをする保険営業

こういった国の制度があれば、生命保険に入るにしても、その保険金の額は小さくなります。これは私達にとっては素晴らしいことです。保険料の負担を小さくできますからね。

ただ、保険会社の外交員などには困ったことといえそうです。彼らにとっては保険料が収入源ですから、それを大きくするために、出来るだけ保険金額の高い保険に入ってほしいのです。

そのためでしょうか、保険を売る側の人は、これら国の制度を無視してシミュレーションをすることがあります。保険金額がバカ高い見積もりを持ってきたりするんですよね。意図的かどうかは分かりませんが。

でも、プロが作っているシミュレーターを使っているわけですからねえ。うっかり忘れちゃうなんてあるのかなあ~♪

私が見た例では、夫が死亡した時に必要な保険金の額を、遺族年金を考慮しないで計算するというのがありました。当然こうすれば、必要な保険金の額が上がります。ということは、毎月の保険料も増え、彼らの売上も減らさずに済むわけです。

もちろん、こんな阿漕なことを全員がしているとは思いません。しかし、顧客の無知に付け込んで、こういうことをしている人は一定数は存在します。

さらに言うと、生保会社の保険金のウェブ上のシミュレーションで、遺族年金を落としているようなものまで存在します。2 保険会社が提供しているシミュレーションがここまでしているとなれば、もはや意図的としか思えませんよね。

注意が必要だと思います。自分を守るためにもね。

生命保険を売る側の人は、国の制度を忘れてしまう事が多いらしいですよ。もちろん、うっかりでしょうけどね。

専門家のアドバイスには注意が必要

  1. 元々は保険の営業だったり、現役の保険の営業だったりすることが多いのですが。 []
  2. 少なくとも以前確認した時にはありました。さすがに今は無くなっていると信じたい。 []

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。