このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

生命保険を使って事故後も同じ生活をするの?| 緊急事態だぞ

保険相談とそのアドバイスに関する、2つめの疑問です。

「保険の選び方」的な本を読んでいると、何かの事故がおきた後も「事故が起きる前と同じ暮らし」をするという前提が置かれていることがよくあります。もう、違和感しか感じないんですよね。

不幸にして夫が亡くなるようなケースを考えてみましょう

具体例を挙げてみましょう。例えば、夫の死亡したときに備えて、生命保険に入ることを考えたとしましょう。

仮に夫が亡くなるようなことが起これば、かなりの緊急事態ですよね。夫が収入の中心という家が多いでしょうから。

そんな緊急時に、生命保険の保険金として、まとまった額が入ってくると助かります。それは疑いがありません。ここまでの考え方は正しいと思います。

事故があってもその前と同じ生活が前提?

でも、必要な保険金額を決める段階で、話がちょっと変になります。「保険の選び方」的な本では、夫の死亡後も家族全く同じ暮らしをするという前提を置くのです。

例えば、「専業主婦だった妻は専業主婦のまま」「生活水準は全く落とさない」というような前提を置くのです。これって、かなりおかしな話ですよね。

夫が亡くなるというのは、かなりの緊急事態です。そんな緊急事態が起きても、まったく変わらない暮らしをするのでしょうか。

特別な事態が起きたとなれば、妻は簡単な仕事をして家計の足しにしても良いはずですよね。あるいは、生活水準を少し落とす事だって、当然検討するでしょう。

非常事態なんですから。それが当たり前だと思うんですけど。

負担が大きくなければ良いんだけどね

もちろん、事故後も変わらない暮らしをするという前提で保険を選んでも、負担がそれほど大きくないのなら問題はありません。しかし、そんな上手くいくはずも無いんですよね。

保険金で事故後も同じ暮らしをしようと思えば、当然ですが、生命保険の保険料負担は大きくなります。ということは、生命保険の保険料が、家計を圧迫する要因になるはずです。

本来は違う目的で使うべきお金を、将来起きる可能性が小さい事故のためにつぎ込むのです。これは本末転倒でしょう。

確率が低い事故に備えるよりも、より確率が高い老後のためにお金を貯めるほうがよほど合理的です。老後のお金だって、かなりの準備が必要なんですから。

緊急事態対策としては、「その後家族が生活を立て直すのに必要なお金を確保する」という観点で考えるべきでしょう。

どうやら、保険を売る人の理論に巻き込まれると、優先順位がおかしくなってしまいます。まあ、仕方がない部分もあるんですけどね。というのも、彼らは、お客さんが出来るだけ保険料の高い保険に入るようにするのが仕事ですから。

さらにひどいケースもある

実は、この手のアドバイスには、さらに酷いものもあります。公的な遺族年金を無視してアドバイスをするのです。

子供のいる家庭で夫が亡くなると、遺族基礎年金という年金が支払われます。また、夫がサラリーマンだった場合は、遺族厚生年金が支払われる可能性もあります。

この遺族年金だけで残された家族が生活するのは、さすがに厳しいと言わざるを得ないでしょう。ただ、この遺族年金があるおかげで、生命保険に頼る部分が小さくて済むのです。妻にそれなりの稼ぎがあるなら、保険が無くても対応できるかもしれません。

しかし酷いアドバイスをする人は、この遺族年金を無視するわけですね。そうすると、必要な保険金額が大きくなり、私たちの保険料負担も増えるというわけです。

一見ちゃんとしたように見える生命保険の入門書に、堂々とこのインチキアドバイスが書かれているのを見たことがあります。自分が儲かれば何でもアリなのかと、正直、飽きれてしまいました。

インターネットが無い時代は消費者が弱かったですから、こんな営業も出来たのでしょうね。いや、今でも一部ではやっているのかなあ。

専門家のアドバイスには注意が必要

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険相談サービス

保険マンモスのサイトでは、プロによる生命保険・医療保険の無料相談が受けられます。

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。