このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをつぶやくシェア

医療保険に入らないという決断は可能

テレビの医療保険のCMを見ていると、
医療保険に入らないのはヤバイ事
であるかのような印象を受けます。

でも、実際のところはどうなのでしょうか?
CMの印象のように、絶対に入らないといけないのでしょうか?

テレビのCMを見ていると、医療保険のCMが沢山流れていることに気づきます。
そして、それを見ていると、医療保険に入らないことがとんでもない事のように表現されています。

例えば、「どこの保険にも入れなくて困っていた。でも、○○なら入れました。」みたいな感じですね。
どうも、保険に入れないのが世界の一大事で、それを救ってくれる誰でも入れる○○保険という構図を作りたいようです。

でも素朴に考えると、保険に入れないのなら入らなければ良いのでは無いかと思います。
それでは何かまずいのでしょうか?

そして、それ以前に、医療保険ってそんなに大事なものなのでしょうか?

医療保険には入らなくても良いんじゃないかなあ

医療保険が完全に無駄なものとまでは言いません。
一部の人は、入っておいてもいいとは思います。

でもほとんどの人にとって、それほど無理して入る必要が無いものだというのが、私の考えです。
というか、多くの人は入らないほうが良いのではないかとすら思っています。

何でそんなことが言えるのでしょう。
それは、日本の健康保険の制度は、かなり充実しているからです。

あなたが社会保険に詳しくないのなら、現実を知ったら驚くでしょう。

医療費は大きくなりすぎないようになっている

もう少し具体的に書くと、公的な健康保険の中には高額療養費という制度があります。
この制度のおかげで、通常の家庭では病気にかかる費用は1ヶ月当たり9万円程度に抑えられます。

なぜかというと、それを越える部分は、全額健康保険が負担してくれるのです。
個人の負担が大きくなり過ぎないようになっているわけです。

ですから、ある程度貯金しておけば、医療費の負担には十分に耐えうるのです。

ちなみに、9万円には入院に関する費用も含まれます。
ということは、仮に3ヶ月入院の長期入院をしても、医療費としては27万円程度で抑えられるのです。

そして、4ヶ月目からはこの負担はさらに小さくなるという仕組みになっています。
ですから、半年とか1年入院するような事があっても、医療費としてはびっくりするような額にはなりません。

そう考えると、100万円もあれば、医療費に対する準備としては十分なはずです。

次ページへ続く


■ 次ページ 掛捨て保険は「損」

スポンサードリンク

【注目!】自動車保険の一括見積もり

自動車保険の各社の料金などを一括で比較できるサービスがあります。保険料を安くしたい方は試してみてはいかがでしょうか。

【注目!】生命保険・医療保険の診断ツール

保険マンモスのサイトでは、生命保険・医療保険の簡易診断ツールを提供しています。しかも、凄く簡単でほとんど時間も手間もかかりません。

個人情報の入力も不要です。あなたとあなたの一家に必要な保険をチェックしてみてください。

スポンサードリンク


タグ: , , , , ,

このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをつぶやくシェア

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。