子供の教育にかかるお金│大学の分だけは早めに準備しておきたい

子供の教育資金はお金がかかります。

幼稚園から大学まですべて公立にいった場合でも700万以上もかかるそうです。
さらに、幼稚園からずっと私立を選んだ場合は1,700万円以上のかかるようです。

これは、授業料や入学金などの学校にはらうお金だけで、塾の費用などは含まれていません。
塾の費用も含めれば、少なく見積もっても子供一人の教育費に1,000万円はかかると思っておいたほうがいいでしょう。

特にお金がかかるのが大学です。

学部にもよりますが、私立大学だと、学費+入学金で初年度100〜150万円程度は必要です。
2年目以降も年間80万円前後かかります。

何れも文科系の場合です。

つまり、子供が私立大学に行った場合4年で400万円もかかるということです。
1年100万円かかるわけです。

理科系の学部特に医学部などに進んだ場合はさらに余分にお金がかかります。
高校までは、毎年の収入の中から学費を払うとしても、大学進学ぶんは予め準備しておいた方がいいでしょう。

お金がいつまでにいくら必要か明確

教育資金の特徴はいつまでにいくら必要か明確であるという点です。
お金がかかるタイミングは子供が大学に進学するときで、金額は総額で400万円かかると考えておけばいいでしょう。

こどもが生まれてから大学に行くまで18年ちょっとあります。
このタイミングで貯蓄を始めたとしましょう。

つまり、18年で400万円貯めると考えるわけです。

貯蓄期間を18年としてこれを月数に直すと216ヶ月あります。
この期間に400万円貯めればいいわけですから、月に約19,000円貯めて行けば子供の大学入学時に学費がすべて準備できる計算になります。

つまり、子供が生まれたときからはじめたとしても、月2万円貯めていかなければならないわけですね。
結構シンドイです。

月々の貯蓄額はスタートが遅れれば遅れるほど大きくなります。
貯蓄できる期間が短くなるから付きの負担が増えるのは当然ですよね。

お子さんがいる方は早めのスタートを切ってください。

ちなみに、上の計算は貯蓄に対する利息などは考慮していません。
現在の銀行預金の利息を考えると、ほとんど差が無いのであえて無視しました。

ところで、地方に住んでいる方で、子供が大学進学を期に一人暮らしをすることがある程度予想できるという場合はさらに設定する金額を増やす必要があります。

スポンサードリンク