ネット証券がお得な理由

おすすめする理由

投資信託の購入をするのは、ネット証券がおすすめです。
理由は次の3つです。

  • 手数料が安い
  • 積立の選択肢が多い
  • 解約が簡単である

詳しく見てみましょう。


手数料が安い

投資信託には、いくつか手数料がかかります。
そのうちの一つに販売手数料というものがあります。
これは投資信託を販売している証券会社や銀行に支払われるものです。

販売手数料は、ファンドの購入額の2%とか3%になることが多いようです。
つまり、10万円を出してファンドを買ったとして販売手数料が3%だったとします。
このとき3,000円は販売手数料として取られてしまうのです。

この販売手数料は販売する会社によって違うことがあるのです。
そして、販売手数料はネット証券が安いことが多いのです。
この販売手数料を節約するために、ネット証券をおすすめします。


積立の選択肢が多い

ネット証券をおすすめする理由の2つ目は、投資信託の積立商品の選択肢が多いと言うことです。
投資信託の積立というのは、毎月定まった日に一万円とか二万円とか決まった金額を自動的に買っていくサービスです。
この積立できる投資信託の種類が多いのです。

具体的に見てみましょう。
比較対象として野村證券を例に挙げましょう。
野村證券で取り扱っている積立できる投資信託は、これを書いている時点で47種類あります。
一方、大手のネット証券の一つである楽天証券では、442種類もの投資信託の積立が可能です。
(楽天証券の特徴に関しては、「楽天証券の特徴」をご覧下さい。)


解約が簡単である

最後に、ファンドの解約が簡単であると言うのも重要なポイントです。
「買ってはいけない金融商品」と言う本によると、次のような記述があります。

では、なぜ銀行より証券会社の方が有利なのでしょうか?
それは、電話で解約できない銀行が多く存在するからです。(銀行によって取り扱いは異なります。)

これは、窓口で投資信託を買った場合の話だと思います。
銀行の窓口で購入すると、売りたくてもすぐに売れないことがあるわけです。
株式市場がが大きく下がっているときに、すぐに売れないのは大きなダメージですね。
こういうことを避けるためにも、ネット証券は無難だと思います。


おすすめの証券会社

投資信託を購入するには、どの証券会社を選べば良いのでしょうか?
取り扱い商品の多さ、販売手数料、顧客満足度などを考えると、次の二つの証券会社がおすすめです。

SBI 証券の特徴
楽天証券の特徴

各証券会社の特徴をまとめたので、投資信託を購入したい方は、ぜひチェックしてください。

スポンサードリンク